« HAPPY NEW YEAR!! | トップページ | 俺とライヴ盤ジャケット »

2012年5月29日 (火)

ワンマン!

2012年5月25日
下北沢SHELTER
STOMPIN' BIRD ONEMAN LIVE

525_1

気づいたら6年振りのワンマンライヴ。
なぜ今ワンマンなのか?特別な理由は無いんだけど、
色んなタイミングが合わさった結果、あの日のあの場所でした。

そもそもワンマン自体にそれほど興味が無くて、
数バンド居た方が単純に刺激があるし、
俺らみたいなテンポ速くてテンション高い音楽って長い時間やるより
駆け抜ける様に終わった方が美しいんじゃないかって思ってたりして。

ちなみに「活動」も駆け抜ける様に数年で終わるバンドは伝説になる事があるけど、
ストンピンバード現在18年目。へけっ。

そんな事を思いつつも、
とにかくここ数年、本当に色んなバンドと一緒にやってきて、
色んなお客さんの前でライヴをやってきて、
ここへ来てストンピンバードだけでライヴをやったら…
つまり、言葉を選ばないと…

「どんなキ○ガイ達が集結するんだろ?」

って事に興味が湧いたんです。へけけっ。

場所も、下北沢SHELTERってライヴハウスは
俺が20歳位の時に、逗子から遠いのにしょっちゅう通ってたハコで
(何を観に行ってたかは長くなるので割愛。主にFRUITYに熱狂してました)
トイレの前の鉄パイプの所に着替えの入ったリュックをブッ差して
そりゃあもう、モッシュやらダイヴしてました。
(ヤスはあの頃からよく無茶なダイヴして怪我してたなw)

そんな頃の想いが今でも染み付いてるライヴハウスだから、
ワンマンライヴをやるなら一度はここでって思ってたんです。

色々決まって「今度久々にワンマンやるんだ〜」って仲間達に言うと、
こっちが「遊びにきて」って言う前に手帳開いて「絶対行く!」って言ってくれて。
実際、遊びに来てくれた友人達がバンドとして出演したら、
普通に面白いイベント出来ちゃうんですけど…
って勢いでビール片手に遊びに来てくれて。

お客さんも平日だし、レコ発でも何でもないし、
いつもの顔ぶれでカタチになればいいべ!って思ってたら
気づいたらギリギリでソールドアウトして。
すんげ〜嬉しい。

フロアとステージ袖からの皆の想いがくっそ強くて、
裏切れない人がこんなにも居るんだなと思ったら
嬉しい反面、ちょっと緊張した。
皆してリンリンな目で「今日は半端ないの見せてくれんでしょ?」って顔してんだもん。

でも始まっちまえばどんなにカッコつけても転がる様にしか転がらない訳で。
初の30曲超え、未知の世界へ。

525_2
↑THE 躍動感

本当にキチ○イ達が集結しちまったな〜と
ニヤニヤしながら狂喜乱舞な2時間弱が過ぎて行きました。
やっぱあんまり覚えてないや。
テンション上がり過ぎて。
とにかくどこに視点を合わせても「超イイ顔」が飛び込んで来た。
幸せだった。

525_4
↑ブッ刺さるよね〜。

んで、長時間「激アガり」のピークを超えっぱなしだったせいか、
ライヴの後も次の日もちょっと変なテンションのままでした。
心の筋肉痛みたいなもんか?

ちなみにセットリストはこちら。

1. Hurry Up
2. Gimmie The Facts
3. Your Right
4. Punk Rock Guy
5. We Don't Care
6. Dance Your Life
7. The Hate Song
8. Holy Place
9. Ready to Rock
10. Leave Me Now
11. Wreckin' Wreckin'
12. Why
13. Seaside Town
14. Know
15. Rumor
16. Mixer
17. Fake Slap
18. Weekend Story
19. Tell Me
20. Now or Never
21. No Reason
22. Break The Basis
23. Colors
24. Route 134
25. 2Phuck
26. I Love Me
27. Golden Leaves
28. Spring Has Come
29. Rockin' Show
30. Cheers
31. Brave Song
32. The Last Song
33. Brandnew World

アンコールは…
Joji(dustbox)がベース弾いてアレとか…
YOSHIYA君(RADIOTS)がゲストVoでアレとか…
詳しくはお友達に聞いてください。

ちなみに飛び入りゲストに関しては打ち合せゼロです。
快くステージに飛び込んでくれたJoji&YOSHIYA君に感謝。

自分じゃどんなライヴだったか説明出来ないし、
すげ〜楽しんでくれたみたいだし、
ツイートが時間と共に流れてしまうのが淋しいので(←コレが本音)
代表して遊びに来てくれた友人知人のツイッターから勝手に転載しますw
返事も頭がホワホワしてて全然出来なかったからココに書いちゃおっと。
(来てくれた皆の激アガりツイートもしっかり見たぜっ)


■荒金さん (音楽ライター)
ストンピンバード@下北沢シェルター。6年ぶりのワンマンで、人びっちりのソールドアウト。その中をほぼノンストップで、1時間半強かけ抜ける凄まじいライヴだった。ワンマンだと、やはりバンドの勢いやムードがまた違うように感じた。ジャンルを超越したかっこ良さがストンピンにはある!シビれた!

□ありがとうございます!数々のイベントがある中、嗅ぎ付けて来てくれて超嬉しかったです!


■Joji (dustbox)
ストンピンのワンマンに行って来ました。とにかく凄かった!たくさん勉強になったし、個人的に忘れていた何かを再確認できた!僕はこのバンドと出会わなかったら音楽を諦めていたんです。ありがとうストンピンバード!

□毎回そう言ってくれるけど、俺もいつも人間臭いdustboxのライヴを観て救われてるんだぜっ


■Suga (dustbox)
まさにこのフライヤーの感じのライヴでした☆やっぱSTOMPIN' BIRDはカッコいい!ワンマン最高だった♪
Oneman_color

□ありがと~!チラッと聴かせてもらったdustboxの新曲の8ビートのやつ早くもう一度聴きたい!ところで、そろそろあの伝説のコンビ復活させる?w


■ANDREW (RISE / FUCK YOU HEROES / FULLSCRATCH / BBQ CHICKENS / TIGHT RECORDS / SOUND ENGINEER ←長え!)
もし俺が学生で、卒業論文書くとしたら、昨日のSTOMPIN' BIRDワンマンのことを書くだろうな。

□え~と、うん。学会で発表されるレベルで楽しんでくれたのね(嬉)。マジでダイヴし過ぎでマジメなイベントだったら5回位退場させられてるよ!くっそアガった!


■Eiji (OVER ARM THROW)
Stompin' Birdワンマンより帰宅。本当に今日行って良かった!!あれはもはや事件ですな!!いつでもどこでも輝き続ける兄貴たちに乾杯!(`◇´)ゞ一生リスペクト!!!

□「事件」って表現が嬉しい!クソ不器用な兄貴たちですが今後ともよろしく!


■杉野マシーン (Machine Record)
生きる力と書いて、STOMPiN' BiRD。素晴らしい。

□何だかんだいつも気にしてくれててあざッス!また「りある」で相談に乗ってねw


■Hiromitsu (RADIOTS / THE CHERRY COKE$)
ストンピンバード最高でした。 空中でいろんな人にあったw アンドリュー大佐やアカマンに。w 友達ばっかで結果泥酔。すんません!

□「酒がすすむライヴ」ってのが褒め言葉なのはチェリコから教わったよ!恵比寿行けなかったけど、近々ヒロミツの横で泥酔し返すから!


■Yoshiya (RADIOTS)
昨夜のストンピンワンマン最高だった!本当大好きなバンドだわー!スプリットを一緒に出せたのが心から嬉しいって素直に溢れてくるよ。いつかまたRSDツアーやりたいねー♬しかしアンドリューのダイブ数ッパナなかったなw仲間ってマジ最高!

□俺達のイタズラでいきなりステージに呼び込んでも一瞬にしてテンション5倍で返してくれる兄貴、流石過ぎます。次はどこでRSDキメますかね~(ニヤッ)


他にもHOTSQUALLが全員集合で来てくれたり、
はっちゃん(HAWAIIAN6)もケンケン(ChokeSleeper)もTAKEちゃん(ROBIN GOODFELLOW / ex.SHACHI)もサブ(NUBO)も来てくれたり、
まさかのササジ(ex.LONG SHOT PARTY)もサプライズ的に現れてダイヴしちゃってるし。
嬉しかった〜。

って、
友達の事ばっか書いてゴメンね。

何よりも誰よりも、
遊びに来てくれたフロアのキチガ○な皆様、
俺達も散々楽しませてもらいました。

いつも本当にありがとう。

525_3

ブログが久々過ぎてどんな言葉遣いで書いてたか
忘れた。忘れました。どっち?

ライヴ写真はもちろんH.and.A。
写真展大盛況おつかれちゃん!
これが俺と半ちゃんの共作ステッカー。

525_5
↑解る人にはツボったみたいねw

絶対に"METALLICA"で画像検索しないでね☆


さて、


気づいた人も多いと思いますが、


ワンマン、


「映像班」入ってます。


しかもプロの。


へけけけっ!
(マジでどうするか未定)

|

« HAPPY NEW YEAR!! | トップページ | 俺とライヴ盤ジャケット »

ライヴ・レポート」カテゴリの記事