« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月21日 (月)

近況&"Brave Song"ほぼ歌詞のみ即席動画

東日本大震災の影響で
ライヴのキャンセルや延期が相次ぐ中、
震災翌日の3/12@名古屋
そして先日3/19@沼津と
ライヴをやってきました。

偶然、僕らSTOMPIN' BIRDは
「その場所へ行き、ライヴをやれる状態にあったから」
それだけです。

あんまり頭良いバンドじゃないので
節電の為にはやらない方が…とか
経済の為にはやった方が…とか
よくわからないので、
やれないなら、やらない。
やれるなら、思いっきしやる。
それしか出来ません。

そんな中、沼津で主催のGOOFY'S HOLIDAYの発案で行った
義援金フリーマーケットで
普段は「一部の人のテンションをブチ上げる」位の役にしか立たない
僕らの様な貧乏バンドでも
音楽の力を使って義援金を増幅し、
少しでも、そして具体的に役に立てたであろう事を嬉しく思います。
集まった金額や募金先はコチラ↓
GOFFY'S HOLIDAY ブログ

僕らの住む神奈川は現在、被災地の被害とは比にならない
「買占めによるくそ面倒臭い状態」と「計画停電」
「電車のダイヤの乱れ」で済んでますが、
停電やガソリン不足や物流の悪化で
ただでさえ不況だっつうのに
かなりヤバい状態になってる会社や企業も少なくないです。

計画停電区域のライヴハウスも
いつマトモに営業出来るか全然見えません。
そんなこんなで、本当に被災地の方とは比にならないけど、
僕の周りにも元気無くした人がいっぱいいます。

そんな中、こんな僕らの曲の中でも
「頑張ってこうぜ」という曲があるので
昨日思いついて即席でほとんど和訳歌詞だけの動画を作りました。

今回の震災をキッカケに作った曲じゃ無いし
同じ歌詞ばっかの単純な曲ですが
これ観て一人でも元気出してくれる人がいれば幸いです。

偽善か?売名狙いか?
その辺の判断は観た方にゆだねます。

STOMPIN' BIRD "Brave Song"

|

2011年3月18日 (金)

テレビでは流されない被災地の光景

良く知る横浜のお客さんの
宮城に住むライヴ友達がmixi日記にアップした
被災地 宮城県女川(おながわ)町の現実の光景です。

僕らに出来る事は限られてますが、
「知る事」も大切な一つと思い、転載させて頂きます。

これを読んで暗くなって悲観的になっても何も生み出しません。
「いま自分が出来る事」を考えるキッカケになればと思います。

※非常に辛い内容なので
連日の暗い話で気が滅入ってしまっている方は
今は無理に読まないでくださいね。

※一部分だけ「外国人」に書き換えさせてもらいました。

ーー以下転載ーー

今の女川の状況

2011年03月17日20:56

18時になれば真っ暗です。なにもすることができなくなります。手探り足探りでトイレにいきます。ロウソクや懐中電灯がある場所はましなんです。

ラジオがある避難所はまだましです。ラジオすらなくてまだ状況が把握できていない人もいます。

溺死体がまだたくさんあります。ガレキとか屋根とか車をおこすたびに遺体が発見されています。

賃金が安いため大量に雇っている外国人が遺体から財布を奪っています。なにも持たず避難しても間に合わなかった人からは結婚指輪やネックレスなどの貴金属を奪っています。被害のない家には盗みに入り、車からはガソリンを抜いています。夜でも真っ暗のなか町民でパトロールをしています。

知り合いと出会えたらその人が生きてただけで喜ぶべきという考えでいます。暗黙の了解で「家族は?」は禁句です。

飲料水とトイレを流すための水を何時間も待って水をくんで何時間もかけておもい水を運んでます。配水車だけではみんなにまわらなくて蛇口からポタポタこぼれるようなお寺の涌き水を汲みにいくひともいます。

地獄絵図みたいな光景をみてショックで記憶なくしたりボケてしまったお年寄りのかたもいます。

薬もありません。身体のわるい方だけではなく精神病の方も薬がきれて大変な状態になっています。大声をだしてあばれる人がいて眠れない人やストレスをためている避難所もあります。

まだ幼い小学生や幼稚園児は親が向かえにこないことを不思議がっています。まだ小さいからわからないので先生たちも話せないのです。

道が道じゃなくなっています。車で通れる場所は一部です。たくさんいろんなものが積み重なっているのでその上を渡って歩かなくては行けない場所ばかりなので、気付くと行きたい方向と全く違う場所に向かってしまいたどり着くのには半端じゃない時間がかかります。

並んででも買いたいですよね。でも全部流されたのでお店もないのです。避難所ではなく自宅待機している方は配給がこないので大変辛い想いをしている現状をしってください。

そんな中でも女川町の人達は協力して支えあってます。

いつガソリンがとまるかわからないのに遠くまで車を走らせて買い物できると家族だけではなく同じ地区の人達のぶんの下着や靴下を配っています。

歩いてる人がいれば見知らぬ人でも声をかけて行き先まで連れていってあげています。

わたしが仙台にきたのは、持病をもつ母、祖父、祖母から薬を頼まれたからです。事情説明しても薬だしてくれるとこがなかなかありません。色んな病院をまわっています。少しでも早く薬を揃えて女川に戻らなくてはなりません。

割れていても道路がある。それだけでなんて自分は贅沢しているのかと罪悪感でいっぱいで涙がでてきます。自分の住む仙台のアパートはライフラインはほとんど戻っていますが、申し訳なくて使う気になりません。

女川町民だけではありません。これだけ大変な想いをしていてもくよくよしている暇もなく動いている人達がいることをしってください。ほんとにおねがいします。

薬を届けることができるまでこれより少しはよくなっててほしいです。

|

2011年3月15日 (火)

ご報告です。

東北地方太平洋沖地震により
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災されました方々に、 心よりお見舞い申し上げます。

情報が錯綜している事や
TV等の「横浜も大変な事になってる」という報道のせいで
様々な方から安否確認の連絡を頂きましたが
神奈川県民であるSTOMPIN' BIRD+スタッフ(東京都民)は
全く持って無事です。
(もし心配されていた方がいたら遅くなって申し訳有りません)

神奈川は数名とはいえ死亡者が出ているので
大した被害では無いとは言えませんが、
現在は食品不足やらガソリン不足、計画停電等、
生活に多少の支障をきたす程度の状況です。
(職種によっては大打撃ですが…)

いま僕に出来る事は
・募金(ビンボーなのでたかが知れてますが)
・献血(血を抜くの超苦手だけどこれを機に行ってみます)
・節電(出来るかぎり頑張ります)
と、祈る事くらいしかありません。

※補足:献血は供給過多で無駄にならない、
落ち着いた頃に行く予定っす。

「被災してない人に出来る事」で
実際に阪神淡路大震災を経験した方の
参考になるサイトがあるので
勝手に紹介させて頂きます。
西宮市議会議員の方のブログ

出来る事しかできませんが、
出来る事をしようと思います。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »