« BIRDS ATTACK TOUR 初日〜北へ | トップページ | BIRDS ATTACK TOUR 西日本&横須賀&千葉 »

2010年10月13日 (水)

BIRDS ATTACK TOUR 群馬&埼玉&三笠公園

<10/08(金) 高崎 SUNBURST>

いつも自分達のツアーは
前橋にあった頃からお世話になってる
高崎 CLUB FLEEZだったんだけど、
今回は高崎のちょっと違った面を見たかったので
結構狭めなSUNBURSTをチョイス。

しかしあえて狭めの所を選んだのに
その日出演OKをくれたのが
HAWAIIAN6と…
THE CHERRY COKE$(メンバー7人っ!)
ありがとう!
ステージの上も下もカオス決定!

前日の夜に
「THE CHERRY COKE$ メンバー全員が無事にステージに乗れて一安心。
いや、むしろステージ広過ぎじゃねえか?
っていうか、さっきより広くなってねえか?」
というポジティヴ過ぎる夢を見るほど心配してましたが、
(本当に見ましたw)
キャパシティ100人のライヴハウス、
THE CHERRY COKE$は無事にライヴが出来るのでしょうか?
(人ごとじゃねえし)

しかしライヴハウスに着くと、
思ったよりはステージが広くてちょっと安心。
ま〜何とかしてくれるだろう。

と、まだステージの広さの話しかしてませんが
1パツ目のTHE CHERRY COKE$から始まり、
アガっちゃってビアーをキメたい気持ちを抑えつつ観戦。
(呑んでライヴやると足がフラつき、さらに鼻声になるから自主規制)

そして、HAWAIIAN6。
先日HAWAIIAN6から突然告げられたTORUちゃん(Ba)脱退。
10年以上も一緒にライヴをやってきたTORUちゃんと
同じステージに立つ、残り少ないライヴ。
このツアーで一緒に出来て良かった。

そして俺ら。
ライヴハウスがデカかろうが小さかろうが
ライヴが出来りゃ何でも楽しいが、
小さい所でやった時にしかないグルーヴがある。
楽しかった!

打ち上げでは駆けつけてくれた
G-FREAK FACTORY ハラダ君(Gu)とセイタロウ君(Dr)と話す。
どうやらアルバム制作も時間はかかっているが順調との事。
楽しみだわ〜。


<10/09(土) 熊谷 HEAVEN'S ROCK>

本日は
HOTSQUALLの音響、THE CHERRY COKE$の音響、
そしてFUCK YOU HEROESのドラマーとして
この「BIRDS ATTACK TOUR」最多参加の男、
アンドリューとやっと出演者として対バン。

北海道とか一緒に行ってるのに
やっと一緒にライヴできるわw

この日に出演してくれた
FUCK YOU HEROES
HAWAIIAN6
どちらも10年以上の仲。
(FUCK YOU HEROESの前身バンドからのね)

思い出を話し出したらキリが無い。
そんな3バンドでの熊谷でライヴ。
ありそうで無かったこの3バンド。

「ライブ前はいいライブして、ストンピンをやりづらくしてやろうって思う。ライブ中にそれが気持いいに切り替わる。目には見えないピリピリ感が、勝ち負けを超越したあの空気感に切り替わる瞬間が最高に気持ちいい。」
(アンドリューTWITTERより勝手に掲載)

実際、観ててギュンギュンにアガるライヴだった。
本人達がノッてるライヴは観てて嬉しくなる。
本来自分達の出番前に良いライヴを観ると、
緊張してやりづらいんだけど、
良過ぎるとイヤッホー!って逆にどうでも良くなるんだよねw
(多分、良い意味で。)

そしてHAWAIIAN6。
もうTORUちゃんと一緒にステージに立つのは最後かも知れない。
しかしステージから悲しい雰囲気を微塵も感じなかったので、
僕らもいつも通りHAWAIIAN6を堪能。
強いバンドだな〜。
どうでも良いけど"EVER GREEN"で始まるのズルくね?w

そして僕らの出番。
10年来の友人達が作ってくれた会場の雰囲気は
とても心地よい空間だった。
何も考えずにライヴが出来た。
最高に気持ちよかった。

翌日が早かったので
何故かみんなでステーキを喰らって帰宅。
珍しく明るくなる前に帰れるぜ!と思いきや…

高速が事故により通行止め。
んざけんなっ。


<10/10(日) 横須賀三笠公園野外ステージ>

ツアー中だけど
地元の先輩的バンドが毎年開催しているイベント
「パンク・エルサレム」に出演。
あんまりバンドで先輩とか後輩とかって表現は
好きじゃないんだけど、
(お陰で横浜の若いバンドにナメられまくりです)
本当に2コ上の兄の友人とか地元の先輩なもんで。

「おう、トム!兄ちゃん元気?」って中で
ライヴをやるのは不思議な気分。

中学の時に兄と兄の友人たちのライヴを観に行って、
ライヴもライヴハウスの存在も良くわかってなかった俺は、
大至急「オデもライヴやりてえス!」という衝動を受けた。
そんな頃からバンドやってる人達と関われるのは
とても嬉しい。

とんでもなく濃ゆいバンドがわんさか出演。
自分の視野の狭さを思い知らされる。
やっぱ横須賀横浜はいいな〜。

短めの持ち時間のなか、
駆け抜ける様なライヴが出来たかな?
楽しかった。

ライヴ後、
「やっぱお前らライヴやってんな!」と肩を叩かれ(結構痛い)、
すごく嬉しかった。
今年は出れて本当に良かった。


次からはツアー西日本シリーズ。
楽しみだ!

|

« BIRDS ATTACK TOUR 初日〜北へ | トップページ | BIRDS ATTACK TOUR 西日本&横須賀&千葉 »

ライヴ・レポート」カテゴリの記事