« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月19日 (土)

俺と横須賀 @ 師走

12/15 NATSUME 10 YEARS NIGHT
@横須賀かぼちゃ屋
OVER ARM THROWと2マン。

俺の地元「逗子」から、車でも電車でも
原チャリでも30分位の場所にある横須賀。
そこには「ドブ板通り」という商店街がある。

近くにアメリカ海軍の基地があるので、
軍モノの店やアメリカンなファーストフード店や
屈強な外人さんしかいなくて怖過ぎて入れない
バー等が並ぶ商店街。

今では爽やか商店街だが、
(今でも夜はたまにキケンな匂いがするけど)
かつては
「ゲーセンにいた女子高生がさらわれて売られた」って
都市伝説的な噂も流れる勢いで治安が悪かった。
当時小中学生だった俺らは
いわゆる「ヤベえ所」だと教わっていた。

でも「ヤベえ所」って憧れるじゃん?
だからたまにドキドキしながら友達とゲーセン行ったり
軍モノのサイフとかカバンを買いに行ったりした。
ラッキーな事に実際に危険な目にあった事はないけど。

んである日、高校の時かな〜?
兄の友達にライヴやるから来なよと言われ、
そんなドブ板通りでひと際ヤベえ雰囲気を醸し出してた
ライヴハウスへ行った。

当時は今ほど音響設備も揃ってなくて、
バンドが何やってるか良く解らなかったけど
とにかくヤバかった。
あの匂いから雰囲気から、全てがカッコ良かった。

それが「かぼちゃ屋」との初めての出会い。

だが当時のかぼちゃ屋は、
週末にライヴがあったり無かったりの
ライヴハウスと言うよりは
バーに近い場所だった。

でも地元から一番近くて
あの場所でのライヴの雰囲気が大好きだった俺らは
ほんの少しライヴのノウハウが解ってきた頃、
足りない機材を借りて来て
STOMPIN' BIRDで企画ライヴをやった。
大変だったけど、そりゃあ楽しかった。

そしてそのちょっと後くらいかな?
「夏目」という男がかぼちゃ屋に所属し、
企画イベントをやり、ライヴハウスらしい流れを作り、
今ではツアーバンドも立ち寄るライヴハウスになった。

というと簡単だけど、
度重なる苦労があったに違いない。
当時すでにライヴハウスで働いていた俺も
何度か相談を受けた事がある。
為になる返答が出来た記憶は無いけど…。

しかし今では、俺の周りのツアーするバンドで
かぼちゃ屋を知らないバンドはほとんどいない。
俺らも、彼のおかげで
かぼちゃ屋でライヴをする機会が格段に増えた。


…信じられない位前置きが長くなったけど、
この日はそんな夏目君が、
かぼちゃ屋に関わって10周年を記念するイベント。

普段は入り口の受付にいて
ちゃんとライヴが観れない夏目君は
この日ばかりは楽屋そでで観戦。
リハーサル中からビアー飲みまくってたしっ。

そんなこんなでかぼちゃ屋での
懐かしい話をしているうちに
スタート時間に。
OVER ARM THROWから始まり、
外はくそ寒いのに
気づいたらかぼちゃ屋内はホッカホカ。
っていうか暑い。くそ暑い。

この日の夏目君による秘密のお題
「相手のバンドを1曲カバー」で
OVER ARM THROWは「COLORS」を披露。
そうきたか〜。
照れアガる。

しかし新ドラマーのエイジ、いいね〜。
夏頃には加入してたのになかなか観る機会が無くてね。
笑顔のナイスガイでした。
つうか、ドラムの音、デカッ。
メンバーが抜けてどうしたら良いか
解らなくなってた彼らを見てるので
これでひと安心ですな。

そしてオレら。
新曲2曲を交えての1時間。
ハチャメチャ(死語?)だったけど
やっぱかぼちゃ屋、最高。
楽し過ぎる。

ちなみにこの日にやった新曲2曲は
あえて新曲の中でも大人しめの2曲。
オトナになっちゃった〜とか思われたかな?
いや、そもそもとっくにオトナだからっ。

そしてやらないと見せかけて
お題通りOVER ARM THROWの「Thanks」を披露。
歌詞は半分適当だったけどねっ。
でもキク(OAT Vo/G)は、
横で観てたのに「Thanks」をやった事に
全然気づいて無かったらしい。
わお。

そして最後には夏目君を交えてのTHE カオス。
最高だったな〜。
灼熱過ぎて死ぬかと思ったけど。

そんなライヴも終わり、
外で初めてかぼちゃ屋に来たってお客さんに(from 北海道!)
「スゴい所だって聞いてたけど最高なライヴハウスですね」と言われ、
自分の事の様に嬉しかった。

何より、このかぼちゃ屋の噂が
北海道まで届いてる事が嬉しい。
って、北海道から来るお客さんも凄いんだけどっ。

そしてその後は
かぼちゃ屋でちょっと飲んで…

ラーメン屋へ。(やっぱりかよ!)

そして家へ帰って泥の様に寝ました。
いや〜、良い夜だった!

夏目君、これからもよろしくっ!


しかし、今年ももうあと3本か。

RADIOTSのツアーファイナル@下北沢
(カオス確定。打ち上げが怖い。)

ZORROのツアー@亀戸
(大先輩THE RYDERSも出るぜ!打ち上げが怖い。)

NUBO仕切りの爆裂 FxAxD@横浜
(忘年会やね。打ち上げが…いや打ち上げっぱなしだな。)

今年もニヤニヤしながら年を越せそうだ。

|

2009年12月13日 (日)

郡山&仙台 〜そして大阪へ〜

最近ドラクエ3(スーファミ)をやってたからって
ひどいタイトルだな。

時間なくて1ヶ月以上かけてクリアして
感動のエンディング!って事で
音量を上げて体育座りでスタンバってたら
部屋に鳴り響く10-FEETのオープニングSEの曲。
(※10-FEETのSEはドラクエ3のエンディングテーマなんです)

…って、あの3人の顔しか出てこないやん。
だったら俺以外の仲間を
タクマ、ナオキ、コウイチにすれば良かった。
全員職業は「遊び人」で。難易度高っ!

まあ、10-FEETのライヴ観ながら
「あ、久々にドラクエ3やろ!」
って思いたったんだけどね。
ありがとうございます。

そんなわけで最近の僕は曲作り第2章に入ってまして。
爽快な曲を作ろうとすればするほど
ダークな曲が出来る病に悩まされてます。

「今回のアルバムは"死"をイメージしました」

って事にならない様に頑張ります。


<11/29 郡山 HIP SHOT JAPAN>
HAWAIIAN6 BONDS ツアー

久々の郡山。
っていうか今年全然東北方面行ってねえ!

という訳で着いて早々に出迎えてくれたのは
ストンピンバード的モニュメント。

091129_150001

足、ながっ!
この像は僕らには一切関係ありませんが、
必要以上に親近感が湧くので困ります。
郡山に立寄った際は、記念撮影に是非。

そしてこの日は、これまた久々の対バン
the band apart からスタート。
テクニカル&お洒落に見えますが
以前にも増してカオティックな感じが素敵でした。

俺らも負けじとテクニカル&お洒落に!
無理ですね。
楽しかったから万事OKです。

そしてHAWAIIAN6。
灼熱の1時間強。
攻めに攻めてる様を
バンアパ原(ba)とビアーを交わしながらの観戦。
ん〜。だらしない。

ライヴ後も会場で飲んだくれ、
数名がブレイクした所でお開き。

あと数分続いていたら
会場は地獄になっていた事でしょう。
ある意味ナイスタイミング。

楽しい夜でした。


<11/30 仙台 JUNKBOX>
HAWAIIAN6 BONDS ツアー

久々の仙台。
っていうか今年全然東北方面行ってねえ!

とデジャヴしたところで
本日はトップバッター。
この日も楽しくやれました。
ヤスは事故ってたけど。
(後に肋骨にヒビが発覚)

そして僕らは初めましての
TOTAL FURY。
名前は全然知ってましたが
観るのは初めてなので
せっかくだからフロアで…と思って観てたら
声は聴こえてるのにステージにVo不在。
ど〜ゆ〜こと?と思ってたら
真ん中より後ろで観てた俺のすぐ横まで
人の上に乗って歌いながらVo登場。
すご過ぎます、先輩。
半端無いエナジーでした。

そしてHAWAIIAN6。
今夜も攻めまくり。
やっぱ同世代がここまで攻めてる様を観ると
俺らも頑張らなきゃなと。

そんな夜は居酒屋で爽やかに。
(ヤスは脇腹が痛過ぎて欠席。
ライヴには「痛み」意外支障が無いのでご安心を。)
最終的にトオルちゃんを交えて
BOOWYの話をしてる自分に気づく。
…もう師走か…(関係ない)

楽しい2日間でした。
HAWAIIAN6、あざっす!


<12/03 大阪 FANDANGO>
NO HITTER pre "HIGH RISK NO RETURN"

仙台から帰ったのが12/1。
ってもう明後日大阪じゃ〜ん。
と「月の変わり目マジック」にヤラれ、
バタバタと大阪へ向かうストンピン。
何年バンドやってんだ!下手くそ!

大阪に着き、
リハーサルもサクッと終え、
何となくパティンコを打ってみたら
2万ほど勝ちまして。

爽やかな気分で会場に戻り、
この日はつよポン(ISCREAM7SHOWERS G)と
長江氏(LIVE CLEAN STAY YOUNG G)による
神がかった前説からスタート。

そしてLIVE CLEAN STAY YOUNG。
バリバリ面識はあるものの、
こうしてちゃんと一緒にやるのは
気がづいたら初めて。
イケイケなライヴでございました。

そしてオレら。
やっぱいいな〜、FANDANGO。
前の方でノリノリな奴らが踊ってて
後ろで酒のんで観てるやつがいて。
THE ライヴハウスですな。
そんな雰囲気も手伝って、最高に気持ちよかったです。

ISCREAM7SHOWERSも相変わらずなカオスっぷり。
素晴らしい。

そしてNO HITTER。
ツアーの時とちょっとセットを変えてきたな〜。
やっぱイイ。凄くイイ。

楽しかったわ〜。

その後、居酒屋で打ち上げ。
爽やかに飲み、外へ出ると
自動販売機の前でいきなりジュースジャンケン。
(ジャンケンに負けた者が全部支払うシステム)
敗者:NO HITTER マサミ

その後、小腹が減ったので
うどん屋で…うどんジャンケン。
敗者:ISCREAM7SHOWERS つよポン

そしてうどん屋を出て、
コンビニでデザートとしてハーゲンダッツジャンケン。
敗者:オレ。

「まあ、今日2万勝ってるし。余裕ですよ」(敗者談)

これ以上エスカレートすると本当に危ないので
皆で大して食いたくも無かったアイスを食って終了。
お疲れさまでした〜。


大阪で一泊し、翌日帰宅。
家に着いて「アレ?」と思い、カバンを漁るが
最近買ったばかりのデジカメ(2万円相当)が
紛失してる事が発覚。

居酒屋まではポケットに入ってたのに!!
片っ端から電話するが見つからず。

全然負けてんじゃん…俺。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »