« TRIANGLE '08 -前編- | トップページ | 5/10 八王子 RIPS »

2008年5月 9日 (金)

TRIANGLE '08 -後編-

ー前編のあらすじー

核戦争が終結して
暴力がすべてを支配する世界となった大地。

激闘の末、トムはラオウを破ったが、平安の時代は短く、
世は「天帝」による圧政の時代になっていた。
トムは再び立ち上がり、成長したヤスやホリとともに、
ねん挫した左足をかばいつつ
天帝による支配に立ち向かう。

わけが、無い。


<05/01 宮崎 ZETTON>

朝起きて、左足の痛みが
回復へ向かっている事に気づき、
「剥離骨折してねえ!」
と一人でアガる。

テレビを見なさ過ぎて
ガソリンの値上げに気づかぬままZETTONへ。

無性に寿司を食いたくなり
近くのスーパーでお寿司セットを買うが、
「九州の醤油は甘い」という事実を忘れていて
ショックを隠せないままスタート。
次に来る時は醤油持参を誓う。
(バカにしてません。好みの問題です)

この日はストンピン一発目。
気合いが空回った感があったけど
まあそんな日もあるさ。

足の痛みもライヴにさほど支障がない。
俺がジャンプするたびに
「大丈夫か?」という顔をする関係者。
みんな優しいなあ。
それを面白がって何回も飛んじまったけど。

ライヴ後は
最後の日程が3連チャンなので
大事を取って足を冷やし、
大人しくしてました。

ライヴはチラ見したけど
やっぱりどのバンドもイイ感じ。

打ち上げ会場へ行き、
地鶏か?地鶏の鍋なのか?と
各テーブルに配置された鍋を開けると
そこには米が。
スタートからおじやって…。

お酒を控えめにしてたんだけど、
気づいたら結局朝。

TRIANGLEチームと
Bivattcheeタシロ(Dr)と
寝起きドッキリ撮影を決意。

上手い事フロントから合鍵を借り、
(↑場合によっちゃ犯罪です)

S.M.N.マー坊(Dr)の部屋へ。
熟睡しているマー坊の顔面に
おでんのコンニャクを乗せてみる。
ドッキリ大成功。
詳細はそのうち発売されるであろう
S.M.N.のDVDにて。


<05/02 熊本でOFF>

基本的に洗濯したり、
ダラダラ過ごしつつ
気づいたら夜に。
GOOD4NOTHING タニー(Vo/G)の
サプライズ誕生会決行。

30人位が待ち構える会場に
取材のつもりで現れたタニー。
ドッキリ大成功。
ええ話や。

そんなこんなで3連チャンに備えて
割と早く就寝。


<05/03 熊本 DJANGO>

この日はSABOTENから始まった。
明らかに各バンドのテンションが上がって来ている。

初日から全日、フルの状態でやるべきなんだろうけど、
ライヴは人間のやる事だからね。
後半に行くに連れて、
気持ちが高まって行く。
それがトライアングルの面白い所。

俺らもこのツアーには全然関係ないけど
この日は新宿ACBで
WiTHMYFOOTのラストライヴが行われる日なので
新宿の方角へ敬礼。
080503_135101
↑ちょっと笑っちゃってるし。
つうか真ん中ホリじゃねえし。

とにかくオレらも
気持ちよくライヴが出来た。

しかし自分のライヴ以外の時間は
いつも通り。

080503_194302
↑ライヴ後に路上で
馬刺(熊本名物)をツマミに呑み始めるドラマー2名。
本当に高まっているのかい?

そんなこんなで
ラストのCHOKE SLEEPERは
今まで観た事ないような攻めっぷりだった。
いいね〜。キテるね〜。

そんな中、
楽屋での秘密会議で
このツアーで撮った写真や映像を
主催者3人にナイショで
最終日にプロジェクターで放映しよう計画が。

※プロジェクター:デカいスクリーンにビデオとか映す機械の事ね。

全てを隠し通すのは無理なので
主催者3人には宮崎で撮った爆破の映像(前編参照)を
プロジェクターで流したいと「悪ふざけ」を装う。

そんな訳で私、監督に就任致しました。
この日から最終日まで
打ち上げに出ず、映像の編集作業…。
やるからにはマジっす。
気づいたら朝。
頑張ります…。


<05/04 長崎 STUDIO DO!>

早いうちにリハーサルが終わったし、
足の調子もイイので
ホリとGOOD4NOTHING ユータン(Vo/G)と
近くの川へ。

落ちていた網と買って来た食パンを駆使して
魚捕り。

15匹くらいゲット。(主にユータンが)
そしてすぐにリリース。
こういうツアーならではの
何でも無い時間が凄く楽しい。

会場に戻ってダラダラ。
しかし機材車がこれだけ揃うと怖いね。
080504_164701
ジャッキーチェンばりに車の屋根を
駆け巡ってみようかと思ったよ。

しかし今日もセミファイナルって事で
気持ち高まってたね〜。どのバンドも。
ストンピンはそんな中でのトリ。

今さらトリだからとか
何番目だからとかで緊張しないはずが…

ドキドキですわ。
ステージ上がれば関係ないの解ってるのにね。
各バンドから受け継がれるバトンが超重い。
実際始まっちまえば…
やっぱり凄く楽しかった。

そして…

ライヴ後は、また部屋で編集作業。
朝までかかってしもうた…。

一応、ノドの為に一番寝なきゃいけないハズの
ヴォーカルなんだけどな〜。

これで明日、ウンコみたいな声でライヴをやったら
バンドとして参加してる意味が無い。
なんとかしなきゃな…。

…ウンコみたいな声ってどんな声だ?


<05/05 福岡 BEAT STATION>

こうして迎えた最終日。
去年は参加出来なかったけど、
毎回最終日は、みんなスゲえライヴをする。
きっと今回もそうだろうな。

スタートの時間が迫る。
プロジェクターの準備は完璧。
そしてオープニングムービーを放映。

中々の反応。
爆破の映像の所で会場から拍手が起こった時には
ガンアガりしたよ。

そしてS.M.N.からスタート。
やっぱりツアー中で一番イカすライヴだったな〜。

そしてハカイハヤブサ。
最高に気持ちよいライヴ。

そしてオレら。
寝不足だったけど気合いでクリアー。
普通にすっげえ気持ちよかった。

その後も
10年近い付き合いなのに
今まで観た中で一番キテる!と思った
CHOKE SLEEPERや、

自由に無茶をしまくる
超ロックンロールなBivattcheeや、

相変わらずアガり狂ってるのに
クオリティがくっそ高いGOOD4NOTHING。

そしてラストをキメたSABOTEN。
攻めまくってたな〜。
とにかくすげえ楽しそうだった。

そして、ガンアガりのアンコールを終え、
全員でステージに上がり、
プロジェクターにてエンディング映像。

みんなが片っ端から集めてくれた
このツアーでのライヴ写真やオフショットを
去年秘密裏に作られたトライアングルのテーマ曲に
合わせただけのムービーなんだけどね。

とにかく素材が良かった。
俺はそれを形にしただけなんだけど、
すげえイイ雰囲気の映像のが出来た。

なんだか数人、
感極まって涙してくれた人もいたとか。
アガる!そういうのマジでアガる!
監督冥利に尽きます。

050707
↑ハカイハヤブサのNORI君(Dr)のブログより転載。

その後も主催者のボスの
出産祝いドッキリムービーで大盛り上がりしたんだけど、
その辺はその場にいた皆の思い出って事で。

いや〜。今回も楽しかった!

俺の性格的にも
「皆で仲良しこよしのライヴツアーなんて…」
って思ってしまう自分もいるんだけど、
何故かこのツアーだけはそれが自然に出来るんだよね。

TRIANGLE'08、本当に楽しかった!
おつかれっした!

|

« TRIANGLE '08 -前編- | トップページ | 5/10 八王子 RIPS »

ライヴ・レポート」カテゴリの記事