« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月24日 (土)

5/18 新宿ACB

ちょっと遅くなってしまいましたが、
まず謝らせてください。

5月18日新宿ACBでのライヴを
楽しみにしてくれていた方、
そして関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしました。
本当に申し訳有りませんでした。


不謹慎な言い方になってしまうけど
自分にとってとても濃い経験だったので、
自分の記録として細かく書きます。
長くてゴメン!

ーーーーーーーーーーーー
朝、11時ちょっと前くらい。
ヤスから電話。
扁桃腺炎による高熱と喉の腫れが酷く、
ツバを飲む事すらままならない状態。
病院に行ったが打つ手が無いので
ライヴが出来ないという内容。

前日のスタジオ練習も
高熱で欠席していたんだけど、
まさかそこまで酷いとは。
今までも数回そういう事はあったけど
ヤスは座薬を駆使してでもライヴはやった。
そんなヤスが無理って事は相当キツいんだろう。
しかし、せめて前日の内に色々検討しておくべきだった…。

とにかく目覚めの電話としてはかなりハードな内容。
ここで「解った!後はなんとかする。安心して休んでてくれ!」
とか言えればカッコ良いのだが、
断腸の思いで電話して来たヤスに対して、
「ええ!?あ〜。うん。は〜い。」
というダメっぷりを見せる俺。
頼れない男No.1。

さすがに事の重大さに気づき目が覚めてきたので
頭の中を整理してみる。
とにかく関係者に連絡して、
ウチとACBのHPで告知して、
メール予約してくれてる人にメールして…

って、その前にホリと連絡とれよっ!
と自分にツッコミを入れてる時に思い付いてしまった。
「…2人でやってみるか?」

面識は無いが、何年か前に
当時ベースレスで2ピースだった
ストレイテナーというバンドを見て
衝撃を受けた事がある。
つい2ヶ月前に一緒にやったA.O.Wという
ベースレスのバンドもカッコ良かった。

だからと言って、
思い立ったその日にマトモに出来るとも思わないし
それが通常のライヴの代わりになるとは思わない。
でも、謝罪するだけってよりは
やってみる価値がある気がした。

ホリと相談してOKをもらい、
俺らのワガママである事も承知の上で
主催のLAST TARGETリョウコちゃん(Vo/G)に相談したら、
俺達にまかせるとの事。
非常にありがたい。

すぐにHPやmixiやメールで発表。
ここでいきなり「本日6月18日」と
日にちを間違えるテンパりっぷり。
本当にダセえな俺は。

そして車でホリと相談しながら新宿へ。
ベースとコーラスが無くても
可能性のある曲を選出し、
曲順を考える。

最初から強引に飛ばしてくか…
様子を見つつ始めるか…
自分で決めておきながら超不安。
結局、最初から勢いづけなきゃ
自分達のメンタルが危ない。って事で前者に決定。

ーーーーーーーーーーーー

ちなみにこの日のイベントは
昔からの友人であるLAST TARGETリョウコちゃんの仕切りで
昔からの友人であるケリーがやってるラディカルズのレコ発。
両バンドとも、昔から知ってるのに初めての対バン。
大好きなTHE VICKERSも出るし、
初対面のSUPER BABY FACEも出る、
凄く楽しみにして来たイベント。
(決して出演者に女子を多く含むからではない。)

リハーサルでは
PA(音響)の林さんをはじめスタッフの皆さんが
あ〜だこ〜だと、まるで自分の事の様に
色々と手を尽くしてくれて…
超ブッ太いギターの音が完成。
(ギターアンプとベースアンプの両方使用)
なんとか形にしてくれました。
なんて優しい人達なんだ…。

リハを観てくれていた数人も
「全然イケそうじゃん!」って言ってくれて。
その言葉に救われまくってました。

そして本番スタート。
トップはSUPER BABY FACE。
出番が2番目の俺は
テンパっててあんまりちゃんと観れなかったけど、
POPな中にも古き良きPUNK ROCKな雰囲気があって
カッコ良かった。

そして俺らの出番。
どんな形であれ「ライヴ」をやるって決めた以上
「申し訳なさ全開」なんて失礼過ぎるし、
誰もそんな事を俺らに求めていないだろうって事で、
やるからには楽しむ事に。
ピンチはチャンスだっ!
(でもやっぱり間違いなくピンチだっ!)

しかしステージに上がってギターを鳴らしたら、
気持ちは割といつも通りに。
不謹慎だけど、
普段じゃ有り得ないブッ太いギターの音が
気持ち良過ぎてかなりアガった。

途中、過去に1回だけやった
「Spring Has Come アコースティック風Ver.」
とかやってみたりの計6曲。

しかしお客さんにはマジで助けられたな〜。
こんな状況を面白がって楽しんでくれた
よく見る顔達。

しかもメール予約してくれてた人が
状況を知ってもほとんどキャンセルしないでくれたってのは
本当に嬉しかった。
「2人でも楽しませてくれるんだろうね?」
っていうプレッシャーも感じたけどねっ。

恥ずかしいから面と向かっては
あんまり言わないけど…
本当にありがとう。
そして本当にゴメンなさい!

そんな状況でのライヴは、
何やってたかあんまり覚えてないけど
とにかくすっげえ楽しかった。
(↑なんだか申し訳ないっ)

なんとか無事(?)終了し、
押し寄せる安堵感。
運転があるからここでビアーを飲めないのが非常に辛い。

そんなこんなでTHE VICKERSが始まる。
ドラマーが変わってから初めて観たけど
問題なく激ヤバ。カッコいいわ〜。
同世代であるシミケン(Gu)のキレっぷりを見てると
ホント、アガる。

そしてラディカルズ。
実は厳密に言うと6〜7年前に
ラディカルズが結成したてのメンバーが全然違う頃に
一緒にやってるんだよね。
その頃から知ってるから、若干の親心もありつつ。
しかしアツいバンドになったねぇ。(←偉そう)
カッコ良かった。

ラストはLAST TARGET。
流石なライヴ。
昔と変わらず攻めまくるリョウコちゃんは
やっぱカッケえ。
ビバ同世代。 (ビバて。)

そこにシミケンがゲストギタリストで
出演者数人がコーラスでステージに上がって
AC/DCの曲を披露。
かつて一緒にTHUG MURDERって伝説のバンドをやっていた
リョウコちゃんとチサトちゃん(VICKERS Ba/Vo)が
同じステージで歌ってんのを見て激アガり。

家で唸ってるであろうヤスには悪いけど
すごく楽しいイベントだった。
出来れば酒飲みたかったな〜。

そして既に出来上がってる数名を含めての打ち上げ。
俺はやっぱり運転があるのでお酒を飲めず、
軽くイジケてました。
2時頃には早くも何体か遺体が転がってたな…。
最近は女子は飲むな〜。

さすがに気疲れしたけど
すごく良い夜でした。

ーーーーーーーーーーーー

そんな訳で、
主催のリョウコちゃんをはじめ、
出演者の皆とACBスタッフの皆に助けられたお陰で、
決して乗り切ったとも言えないし、
俺らは50%にも満たないライヴでしたが、
(↑レア度だけは100%超えだけど…)
何とかイベントに参加する事が出来ました。

すごく嬉しかったし、すごく楽しかったです。
ありがとう!!

そして本当にゴメンなさい。

p.s.
ここ数日でヤスの熱は下がりました。
次回のライヴ(5/30大阪)から復帰します。
ご心配おかけしました。

|

2008年5月20日 (火)

5/10 八王子 RIPS

すっかり遅くなってスマソ。

DOLCE presents
"DEAR SWEET NIGHT SPECIAL"
の10日目。

知らない人の為に説明しますが
DOLCEは5/1〜5/11まで
11日連チャンでイベントをやってたんです。
 
俺ら2デイズすらやった事無いけど
考えただけでも超大変なのに…。

11日連チャンて。

相当疲れてるんだろうなと思いきや、余裕の表情。

楽屋には駄菓子の山。
ただでさえ居心地の良いRIPの楽屋は
普通に小5の土曜の「友達の家」に。

久しぶりに学会(けん玉)で
学会(けん玉)したり、学会(けん玉)してみたりしました。
やっぱ学会(けん玉)は奥が深い。

そんなこんなでSABOTENスタート。
TRIANGLE'08でずっと一緒だったから
逆になんか変な感じ。なんかテレる。
ライヴは相変わらず攻め狂ってたな〜。
懐かしい曲もやってて
DOLCEも一緒って事で
伝説の野外イベント"ON THE LAND"を思い出した。

そして俺らの出番。
久々にちょっと長めのステージ。
気合いを入れて挑みます。(体力的に)

DOLCE司氏がスピーカー裏、
俺の左1.5m以内の距離で見守るなか…

…司君が見てる時は、凄くテレる所を見抜いて
後で超ツッコまれるから緊張するんだよね…

でも激アガりでライヴ出来ました。
くっそ気持ちよかった。
RIPS好きだわ〜。

そして久々のDOLCEは
なんだか更に深みを増してたな…。
ヒリヒリ感が心地よかった。

そろそろデカいハコで
壮大な感じでのDOLCEも見たい。

アンコールはパーリーVerで
会場激アガりで終了。

打ち上げは運転なのでNOアルコール。
DOLCEとは面白過ぎる思い出話が
あり過ぎて困る。

そんなこんなの良い夜でした。


p.s.
11連チャンが思ったより余裕だったらしく
もうこの次は1ヶ月連チャン行くしか無いって
本気で思ったらしいけど、
そこまでバンドに知り合いがいない事に気づき
断念したとか。

どっちにしろ恐るべし。


p.s.2
楽屋で筋肉トレ話で盛り上がったのを思い出し、
家でコッソリ腹筋をしたら、
2日間おなかが激痛でした。
いいかげん、身体作んなきゃな…。


p.s.3
5/18 新宿ACBの日記は
ちょっと待ってね。

|

2008年5月 9日 (金)

TRIANGLE '08 -後編-

ー前編のあらすじー

核戦争が終結して
暴力がすべてを支配する世界となった大地。

激闘の末、トムはラオウを破ったが、平安の時代は短く、
世は「天帝」による圧政の時代になっていた。
トムは再び立ち上がり、成長したヤスやホリとともに、
ねん挫した左足をかばいつつ
天帝による支配に立ち向かう。

わけが、無い。


<05/01 宮崎 ZETTON>

朝起きて、左足の痛みが
回復へ向かっている事に気づき、
「剥離骨折してねえ!」
と一人でアガる。

テレビを見なさ過ぎて
ガソリンの値上げに気づかぬままZETTONへ。

無性に寿司を食いたくなり
近くのスーパーでお寿司セットを買うが、
「九州の醤油は甘い」という事実を忘れていて
ショックを隠せないままスタート。
次に来る時は醤油持参を誓う。
(バカにしてません。好みの問題です)

この日はストンピン一発目。
気合いが空回った感があったけど
まあそんな日もあるさ。

足の痛みもライヴにさほど支障がない。
俺がジャンプするたびに
「大丈夫か?」という顔をする関係者。
みんな優しいなあ。
それを面白がって何回も飛んじまったけど。

ライヴ後は
最後の日程が3連チャンなので
大事を取って足を冷やし、
大人しくしてました。

ライヴはチラ見したけど
やっぱりどのバンドもイイ感じ。

打ち上げ会場へ行き、
地鶏か?地鶏の鍋なのか?と
各テーブルに配置された鍋を開けると
そこには米が。
スタートからおじやって…。

お酒を控えめにしてたんだけど、
気づいたら結局朝。

TRIANGLEチームと
Bivattcheeタシロ(Dr)と
寝起きドッキリ撮影を決意。

上手い事フロントから合鍵を借り、
(↑場合によっちゃ犯罪です)

S.M.N.マー坊(Dr)の部屋へ。
熟睡しているマー坊の顔面に
おでんのコンニャクを乗せてみる。
ドッキリ大成功。
詳細はそのうち発売されるであろう
S.M.N.のDVDにて。


<05/02 熊本でOFF>

基本的に洗濯したり、
ダラダラ過ごしつつ
気づいたら夜に。
GOOD4NOTHING タニー(Vo/G)の
サプライズ誕生会決行。

30人位が待ち構える会場に
取材のつもりで現れたタニー。
ドッキリ大成功。
ええ話や。

そんなこんなで3連チャンに備えて
割と早く就寝。


<05/03 熊本 DJANGO>

この日はSABOTENから始まった。
明らかに各バンドのテンションが上がって来ている。

初日から全日、フルの状態でやるべきなんだろうけど、
ライヴは人間のやる事だからね。
後半に行くに連れて、
気持ちが高まって行く。
それがトライアングルの面白い所。

俺らもこのツアーには全然関係ないけど
この日は新宿ACBで
WiTHMYFOOTのラストライヴが行われる日なので
新宿の方角へ敬礼。
080503_135101
↑ちょっと笑っちゃってるし。
つうか真ん中ホリじゃねえし。

とにかくオレらも
気持ちよくライヴが出来た。

しかし自分のライヴ以外の時間は
いつも通り。

080503_194302
↑ライヴ後に路上で
馬刺(熊本名物)をツマミに呑み始めるドラマー2名。
本当に高まっているのかい?

そんなこんなで
ラストのCHOKE SLEEPERは
今まで観た事ないような攻めっぷりだった。
いいね〜。キテるね〜。

そんな中、
楽屋での秘密会議で
このツアーで撮った写真や映像を
主催者3人にナイショで
最終日にプロジェクターで放映しよう計画が。

※プロジェクター:デカいスクリーンにビデオとか映す機械の事ね。

全てを隠し通すのは無理なので
主催者3人には宮崎で撮った爆破の映像(前編参照)を
プロジェクターで流したいと「悪ふざけ」を装う。

そんな訳で私、監督に就任致しました。
この日から最終日まで
打ち上げに出ず、映像の編集作業…。
やるからにはマジっす。
気づいたら朝。
頑張ります…。


<05/04 長崎 STUDIO DO!>

早いうちにリハーサルが終わったし、
足の調子もイイので
ホリとGOOD4NOTHING ユータン(Vo/G)と
近くの川へ。

落ちていた網と買って来た食パンを駆使して
魚捕り。

15匹くらいゲット。(主にユータンが)
そしてすぐにリリース。
こういうツアーならではの
何でも無い時間が凄く楽しい。

会場に戻ってダラダラ。
しかし機材車がこれだけ揃うと怖いね。
080504_164701
ジャッキーチェンばりに車の屋根を
駆け巡ってみようかと思ったよ。

しかし今日もセミファイナルって事で
気持ち高まってたね〜。どのバンドも。
ストンピンはそんな中でのトリ。

今さらトリだからとか
何番目だからとかで緊張しないはずが…

ドキドキですわ。
ステージ上がれば関係ないの解ってるのにね。
各バンドから受け継がれるバトンが超重い。
実際始まっちまえば…
やっぱり凄く楽しかった。

そして…

ライヴ後は、また部屋で編集作業。
朝までかかってしもうた…。

一応、ノドの為に一番寝なきゃいけないハズの
ヴォーカルなんだけどな〜。

これで明日、ウンコみたいな声でライヴをやったら
バンドとして参加してる意味が無い。
なんとかしなきゃな…。

…ウンコみたいな声ってどんな声だ?


<05/05 福岡 BEAT STATION>

こうして迎えた最終日。
去年は参加出来なかったけど、
毎回最終日は、みんなスゲえライヴをする。
きっと今回もそうだろうな。

スタートの時間が迫る。
プロジェクターの準備は完璧。
そしてオープニングムービーを放映。

中々の反応。
爆破の映像の所で会場から拍手が起こった時には
ガンアガりしたよ。

そしてS.M.N.からスタート。
やっぱりツアー中で一番イカすライヴだったな〜。

そしてハカイハヤブサ。
最高に気持ちよいライヴ。

そしてオレら。
寝不足だったけど気合いでクリアー。
普通にすっげえ気持ちよかった。

その後も
10年近い付き合いなのに
今まで観た中で一番キテる!と思った
CHOKE SLEEPERや、

自由に無茶をしまくる
超ロックンロールなBivattcheeや、

相変わらずアガり狂ってるのに
クオリティがくっそ高いGOOD4NOTHING。

そしてラストをキメたSABOTEN。
攻めまくってたな〜。
とにかくすげえ楽しそうだった。

そして、ガンアガりのアンコールを終え、
全員でステージに上がり、
プロジェクターにてエンディング映像。

みんなが片っ端から集めてくれた
このツアーでのライヴ写真やオフショットを
去年秘密裏に作られたトライアングルのテーマ曲に
合わせただけのムービーなんだけどね。

とにかく素材が良かった。
俺はそれを形にしただけなんだけど、
すげえイイ雰囲気の映像のが出来た。

なんだか数人、
感極まって涙してくれた人もいたとか。
アガる!そういうのマジでアガる!
監督冥利に尽きます。

050707
↑ハカイハヤブサのNORI君(Dr)のブログより転載。

その後も主催者のボスの
出産祝いドッキリムービーで大盛り上がりしたんだけど、
その辺はその場にいた皆の思い出って事で。

いや〜。今回も楽しかった!

俺の性格的にも
「皆で仲良しこよしのライヴツアーなんて…」
って思ってしまう自分もいるんだけど、
何故かこのツアーだけはそれが自然に出来るんだよね。

TRIANGLE'08、本当に楽しかった!
おつかれっした!

|

2008年5月 8日 (木)

TRIANGLE '08 -前編-

九州の3人の男達が運営する、
"PROJECT FAMIRY"というイベントチームが主催する、
7バンドとかで九州を一周してしまう
激アツなイベント、それが"TRIANGLE"。
PROJECT FAMIRY HP

そんなツアー中、打ち上げの席などで
シャコシャコと携帯を駆使して
ブログを更新している皆を横目に…

やっぱりツアーが終わるまで
一切ブログを更新しないオレ。

「楽しい時は楽しい事に集中する主義」
という名の宿題は夏休みが終わってから派なもので。

まあ色々忙しかったんです。
その辺は後編あたりできっと解って頂けるかと。

そんなこんなで…


<04/27 大阪 DROP>

前日深夜に某宿泊施設でS.M.N.とカチ合いそうになり、
心を鬼にして回避。
初日から睡眠不足とかイヤ過ぎるっ。

当日、大阪に着くとすぐに
アメ村に群れるギャル男達が
視覚的にウザ過ぎる為、いきなりイラついたけど…
すぐに懐かしい面々に会い、
テンションが上がる。

この日はTRIANGLE'08の初日なんだけど、
前夜祭的な雰囲気。
どっちにしろお祭りだからあんまり変わらないけどね。

まだイイ感じに肩の力が入り過ぎてない感じで
ライヴが進む。
しかし、ザ・キャプテンズがヤバい。
前から知ってはいたけど、ちゃんと観たのは初めて。
クオリティ、高杉。

危なく男の俺がキュン死するところだった。

そんなこんなでオレらも気持ちよくライヴして、
ラストのSABOTENの相変わらず
ガンギレ(良い意味)なライヴで終了。

打ち上げは初日から荒れ気味。
ションベンまみれになった数名をスルーして
何故かTRIANGLEチームと
某カリスマ(出演者の1人)とカラオケへ。
詳細は教えられませんが、
某カリスマとまさかのデュエットを果たし、
思い出を独り占め。
初日から激アツ。


<04/28 大分でOFF>
大阪〜大分の移動の間に
S.M.N.と共に某所にある日本唯一の…

食べ放題システムのあるケンタッキーへ。

制限時間1時間で、平日昼間だと1050円。
チキンはもちろん、
パスタもあれば何故かワカメご飯まで。

貧乏性の一行は
当然、自分のキャパを超えた数のチキンを食らい、
30分後には全員グッタリ。
犬か。オレらは犬か。
080428_120401

そんなこんなで大分に到着。
早速洗濯してみたり、
ホテルのロビーで迷惑を省みず
飲み会をしてみたり。

温泉に行くぞチームに誘ってもらったが、
「熱い風呂に入るとすぐに寝てしまう」
という弱点を持つ俺は
泣く泣くお断りする事に。

思い出ポイント、ゲットならず。


<04/29 大分 T.O.P.S>

この日から、最終日まで同行する7バンドが集結。
久々に観たハカイハヤブサがヤバい。
負けじとテンションを上げてライヴに挑んだら
事件発生。

ジャンプ後、着地失敗。
左足ねん挫。

靭帯がブチ切れる前に
柔道なんてやった事も無いハズなのに
本能で「受け身」をしたおかげで、
大事には至らず(多分)。

よりによって「とっても観やすい2階席」がある
ライヴハウスだった為、
関係者の視聴率がかなり高かった。

よって、
「アガり過ぎてコケた30男」の烙印を押されるハメに。

地味に楽屋で足を冷やしてたから
他のバンドのライヴをちゃんと観れなかったけど
Bivattcheeのライヴの
自由度が増してて超カッコよかった。

打ち上げは酒を飲むと血の巡りが良くなって
足の痛みが増すという事で欠席。

Bivattcheeセイジ(Ba)と2人でガストへ行き、
同世代のリアルな会話をポップに交わし、
すぐにホテルでふて寝。
目覚ましは8時にセット。


<04/30 宮崎でOFF>

誰よりも早く8時に目覚め、病院へ。
診察を受け、レントゲンを撮る。

ドラマとかでよく見る様に
青白く光る壁にレントゲン写真をファサッと…
とかワクワクしてたら
今は普通にパソコンのモニターなのね。

肝心のねん挫はレントゲンでは問題無いけど
剥離骨折の可能性がゼロでは無いとの事。
うそ〜ん。
080430_103901

そして皆の元に戻り、宮崎のキャンプ場へ。

折角、「皆そろってキャンプ場でOFF」
という最高の状況なのに
機動力が皆の1/4位の俺。
ドラクエで言うと「どく」の状態。

皆でドッヂボールやら(不参加)、
バスケやら(不参加)、
フリスビーやら(不参加)、
バドミントンやら(不参加)、
釣りやら(不参加)…

俺はひたすらBBQ喰ってました。
080430_160401
カレーウマかった。

夜はキャンプファイヤー。
全裸の男が舞い狂ってました。
何故か俺はユータン(GOOD4NOTHING Vo/G)と
豚汁作りに命を賭けてたけど。

そして深夜。逆襲が始まります。
既に数人が酔っぱらって眠ってる頃。

6人位でキャンプファイヤーの残り火に…
ヘアスプレーの缶を投入。

Bakuha
もちろん爆発しますとも。
(写真はイメージではありません。実際の写真です)

結局ガン上がりで計5発爆破。
響き渡る重低音。
寝てる人には大迷惑。
いや、起きてる人にも大迷惑。

※絶対にマネしなでください。
 特に酔っぱらいがいる時とか死人が出るので。
 ダメ!ゼッタイ!

そしてその爆破をビデオに収め、
いきなり編集作業 to 試写会。
そんなこんなの超楽しいOFFでした。
身体、休まってねえ!

ー次週、後編 「まさかの監督デビューの巻」ー

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »