« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月23日 (水)

4/20 八王子 RIPS

WiTHMYFOOT ファイナルカウントダウン3日目。
対バン最終日。

以下、ただ想い出にふけってるだけなので注意。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WiTHMYFOOTとの出会いは…
'98年頃だったかな。
ちょうど10年前か。

俺が、色んなライヴにお客として
タオルと着替えを持って行ってた
普通にキッズだった時期と、
STOMPIN' BIRDをガッツリやり始めた時期との
ちょうど境目くらいの頃。

ふとDISK UNION辺りでオムニバスCDを買って
その中で凄く気に入ったバンドがいたから
そのバンドのアルバムを買った。
思いっきりツボだった。
毎日聴いたな。

それがWiTHMYFOOT。
俺はごく普通に1ファンだった。

でも当時、自分のバンドの事で手一杯で
ライヴを観に行く事が出来なかった。

しかし鬼の様にライヴをやっていた甲斐あって、
割とすぐに一緒にライヴをやる機会が巡ってきた。
場所は横浜F.A.D。
いきなりアラ君(Vo/G)に
鼻息荒くファン目線で話しかけた為、
軽く退かれたのを覚えている。

初めて観たライヴは予想以上だった。
絶対に年上だと思ってたのに
メンバー皆が1つ年下だと知ってかなり凹んだ。

その後STOMPIN' BIRDも
1stアルバムをリリースする事になり、
まだ一度しか一緒にやった事がない
WiTHMYFOOTをレコ発に誘った。
まさかの快諾。

自分のレコ発だって言うのに
WiTHMYFOOTのライヴ中にフロアで
LINKのコモリ(Ba)と一緒に
ガンアガりしたのを覚えてる。
それが'99年の夏が過ぎた頃。

その後も多くは無いが
一緒にライヴをやる機会があった。
何度観てもカッコ良かった。

更にその後、機会があって
WiTHMYFOOTのアルバム"5"の
ジャケットデザインを頼まれた。
「いいよ〜 やるよ〜」なんて軽く答えたけど、
本当は超嬉しかった。
大好きなバンドだけに凄いプレッシャーも感じたけど…。

内容はまがう事なく名盤。
ジャケットも気に入ってくれたみたい。
ぶっちゃけ、自分でも気に入ってる。
こうして作品にちょこっとでも関わったことで
気づいたらWiTHMYFOOTが
「好きなバンド」から自分にとって「特別なバンド」になってた。
恥ずかしいからメンバーには
一言も言った事無いけどね。

そしてそのうち、
WiTHMYFOOTに1人ギタリストが入る事に。
若干ジェラった。
ジェラったせいもあって、
最初の内は4人のWiTHMYFOOTに違和感を感じていたが
すぐに重圧感を増したWiTHMYFOOTが
更にパワーアップしたという事を認めざるを得なかった。

相変わらず一緒にライヴをする機会は多くはなかったけど
いつも一緒にやる日は楽しみだった。

そして2007年の12月頃だっけな。
解散の話を聞いた。

そしてあまり実感の無いまま
4/20を迎えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

集まったバンドは俺達にとっても
気心知れたバンドばかり。
楽屋は終止、同窓会的な雰囲気。

でもどのバンドも、気持ちの入ったライヴだったな〜。
自分のライヴも普通に楽しかった。
でも何故か"Colors"で気持ちが入り過ぎて泣きそうになった。
反戦の歌だし、そこまで古い曲じゃないから全然関係ないのに。

そしてWiTHMYFOOT。
最後のライヴとなる5/3@新宿ACBは
俺らは九州にいるから観に行けない。

俺らにとって最後になるWiTHMYFOOTのライヴ。

信じられない位カッコ良かった。
ちょっと自信を失うくらいに。

自分もバンドやってるから
そう言う事が失礼なのは解っているけど
ライヴ前にリクエストある?って言われた時に
迷わず「1stの曲」って言ってしまった。
全曲知ってるからどの曲でも良かったのに…思わずね。

でもやっぱりアンコールでやった
1stアルバムの曲"I SAID"で体が勝手に最前列へ。
激アガりしてしまった。
思い出パワー恐るべし。

こういう時は、出来る事なら
顔を知らない誰かと取り替えたい。
「関係者 激アガり」では無く
100%ただのファンとしてガンアガりしたかった。
どっちでも関係ないんだけどね。

途中、感極まったりもしたけど
最後は笑顔で終了。

名曲オンパレードだったな〜。
きっとどんな曲順でも
俺はそう言ったんだろうけど。


打ち上げはグダグダと酔っぱらってたら
気づいたら半分以上居なくなってた。
いつも通りやん。
涙の別れとかするつもり無かったから
全然良いんだけどね。

5/3@新宿ACB、観たかったな〜。
出来る事なら、顔を知らない誰かと取り替えて。(自意識過剰)

|

2008年4月10日 (木)

ロベルト

え〜、ストンピン新グッズ
G.I.ベルトが思いのほか好評で、
早くもピンクと黒が売切れましたっ。

ビビってあんまり作らなかったからな〜。

もちろん追加で作りますが
TRIANGLE初日に間に合うかな〜って状態です。
(4/20の八王子は主催者の意向によりグッズ販売しません)

ちなみに、
横浜でのMCでお伝えしましたが、
バンドのグッズは人の目に触れてナンボです。

なので購入した方は、
必ずTシャツをズボンに「イン」して下さい。

ネルシャツ等をインする場合は
リュックサックを片方だけで背負うとより効果的です。
ズボンはケミカルウォッシュ推奨。

AKBで待ってます。

|

4/6 横浜 F.A.D

横浜F.A.Dは
Flower & Dragonの略です。

社長の名前が花田竜司氏だから
「花」と「竜」で…


嘘です。

この日はUKLのレコ発。

コリン(UKL Gu)が
横浜はストンピンが出なきゃヤダ!
とダダをこねてるんだけど…と
TIGHTレコーズ アンドリューからの報告。
いやいや、ダダこねなくても普通に出るしっ。
嬉しい事です。

1発目はGood Neighbor Policy。
超イケイケでカッコいい。
特にドラマーのキャラがポップ過ぎてヤバい。
アンドリューがドラムで参戦しての
MINOR THREATのカバーもアツかった。

そしてオレらの番。
やっぱF.A.Dは良い。(俺が言うとわざとらしいな…)
何回もライヴをやって来たステージだけど
このステージに飽きる事は無いんだろうなって思った。
しかし灼熱!
普通に満員だからってのもあるけど、
実はそれ以外にも灼熱な理由があるんだよね…。
話すと長くなるのでカットしますが。
どこもライヴハウスは町の嫌われ者だから
大変なんですよ。

次はELLE GARDEN。
久々だったけど流石のクオリティ。
やっぱ大きいホールで見るのもイイけど、
ライヴハウスでの彼らが好きだな〜。
いつかかぼちゃ屋で観てみたい。
大変な事になるだろうけどっ。

そしてUKL。
実はVoが変わってから一緒にやるのは初めて。
そしてコリンは足を負傷して座ってライヴだし。
でも、イイ感じだったな〜。
新VoはEVERYBODY'S ENEMYのDAVID。
Voが変わるってどうなの?って思ってたけど…
うん。カッコ良かった。DAVIDカッケエ。

ゴチャ混ぜなのになんだか
すごく面白い一日でした。


しかしチケットがヤフオクでどうとか、
ローソンチケットでの予約バックレが多過ぎるとか、

そいつら皆、死ねばいいのに。   むほっ。

|

2008年4月 1日 (火)

4月ヴァカ!

本日はエイプリルフールです。

そもそもエイプリルフールとは何なのか?

調べてみました↓


日本での学年の始まりは4月1日です。

しかし4/1生まれの子は
前日の3/31の深夜12時を迎えた瞬間に
年齢を1つ加算されるという法律(民法第143条)から
1つ上の学年となります。

3/31の深夜12時って
4/1の0時じゃねえか?
と思いますが、そこは決まってしまった法律。
応用が利きません。

よって4/1生まれの子は
学年の中で一番後に生まれた子になります。

成長のスピードが速い小学校低学年となると、
4/2生まれの子と比べると1年後に生まれてるので
同学年内での勉学及び運動における競争で不利になります。

そんな事から明治中期より
有利なはずの「4月生まれ」の中で唯一、
学年で一番不利な4/1生まれの子は
「4月生まれなのにバカ」という事で
嘘をつかれたり、からかわれる様になってしまいました。

それが当時盛んに行われていた貿易により
世界に広まったと言われています。

そんな切ない理由があったんだね〜。
そもそも日本発だったとは!









まあ、全部ウソなんだけどね↑
(民法第143条らへんは本当)
本当の起源は不明らしいッス。

4/1生まれの人ゴメンね〜。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »