« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月18日 (金)

凧揚げ 2008

約束通り、
いや、誰とも約束してないけど
数日前にやってきました。

凧揚げ。

15〜20年振りかと思われます。
何の理由もきっかけもございません。

超なんとなくです。

あえて本気でスポーツカイトとか
やってやろうかとも思いましたが
いやいや違うぞと。
俺がやりたいのはそんなオシャレ凧じゃないぞと。

地元の同級生の実家が営むおもちゃ屋で
700円あまりで購入。
スポーツカイトの1/10以下のプライスです。

そして我が地元、逗子海岸へ。
そこで大切な事に気づく。

風が、ない。

が、しかし
とりあえず走って揚げてみる。
試行錯誤しながらも
そこそこの高さまで揚がったら
いきなり揚がり狂う凧。

080109_155401

気持ちいい。
なんかヌンヌンと引っ張られる感が
異様に気持ちいい。

なんだか上空の方は
イイ感じに風が吹いている様子。

モリモリと揚がってゆくが…
糸の長さが早くも限界。

ガン切れですぐに降ろして
再びおもちゃ屋へ行き凧糸を購入。
なんか「やる気出し過ぎ感」を悟られるのが怖くて
1コしか買えなかったけど…。

凧糸をダブルにして再度チャレンジ。
ある程度まで揚がれば
あとは勝手に揚がるんだけど
やっぱりそこまでが結構大変。

080109_143001

…いやいや、
日差しが強かったもので。
軍手は本気で上げるなら必須。
当然イボイボ付き。

そしてまた風に乗った凧は
モリモリ揚がって行きます。
凧糸ダブル、ヤベえ。
そもそも凧揚げが思ってたより楽しい。

なんて調子にのってたら
200m位先で余裕でもっと高く揚げている人を発見。
あいつら素人じゃねえな…。
やっぱトリプルにしとけば良かった!!

しかし結局揚がり切ってしまうとヒマなもので
結局半分降ろして
そこらに落ちている海藻を糸に引っ掛けて
空高く飛ばしてみたり。


080109_155701

↑海藻 in the sky。
かなりシュール。

そこへ一部始終を見ていたおじいちゃん登場。
海藻を揚げた事にちょっとアガっちゃってますが、
糸の長さを事前に測らずに揚げた事を
ダメ出しするおじいちゃん。
いや…普通測らないでしょ?

当たり前の様に放ったおじいちゃんの言葉に
若干の疑問を抱きつつ、
日も暮れて来たので
凧を降ろします。

080109_161201

↑普通に素敵な画像。


やっぱ冬の海は綺麗だね。
クソの様に寒いけど。
逗子はやっぱイイ。


そして
足下に凧が到着。

080109_161202

↑ドラちゃんやん。
いい歳こいて、ドラちゃん凧揚げてるって。

いやいや自分、昭和っ子ですから。

いや〜。
凧揚げ、意外とイイね。
700円、元取ったな。

来年はトリプルに挑戦してみます。
挑戦者募集。
プロ不可。

|

2008年1月17日 (木)

1/11 下北沢 & 1/14 名古屋

S.M.N.とF.I.Bと…
って略し過ぎだろ。
きちんと名を名乗れ!

とか置いておいて、

1/11@下北沢SHELTER
S.M.N. アルバム発売1周年イベント。

…発売1周年て新しいな。
ウチも来年は1stアルバム発売10周年か…。
って、期待すんな!

そんなこんなでこの日は久々のトップバッター。
一発目からお客さんのHP(ヒットポイント)を10以下にして
文字を黄色くしてやるぞ的ライヴ。

ん〜解り辛い。(特にドラクエ世代じゃ無い人には)

要するに1番目だからこそ
気合い入れましたって事です。
「様子見」みたいな雰囲気で終わったら悲惨だからね。

幸い「一方的過ぎてウザい」みたいな事にはならず
アガって頂いた様で。あざッス。

続いてF.I.B。
中途(Vo)の笑顔で皆の守備力を下げた所で
後方から全体魔法でドーンと…

だから解り辛いって。
要するにナイスな勢いでございましたと。

そしてガーリックボーイズ。
ドーン。
相手がスライムでもイオナズン唱えちゃうぞ的なライヴ。
要するに、圧倒的って事。流石ッス。

そしてラストのS.M.N.。
完全にパルプンテです。
(※パルプンテ=何が起こるか予測不能な呪文。
味方が死にかける場合もある)

最後に禁じ手的なカバー曲をやってましたが、
彼らだから許された事でしょう。
THE キャラ勝ち。

かなりイイ感じにキテるライヴだったのですが、
後に緊張のあまり本当にパルプンテ状態だったらしく、
全然覚えていないと言う事が発覚。
S.M.N.も緊張するんだね…。(←失礼)

年始早々アツい夜でした。


1/14@名古屋 HUCKFINN
SHELTERのメンツにNOT REBOUNDをプラス。
更にアツい夜の予感。

楽屋でNOT REBOUND黒さん(Dr)と
お互い長いのに意外と一緒にライヴを
やる機会が少ないですよね?って話していると

お互い噂に尾ひれが付き過ぎてしまった為、
「打ち上げがカオス過ぎるバンド」と
警戒しあっていたという事が発覚。

噂恐るべし。

この日はF.I.Bからスタート。
いきなり"NO WAR"で飛ばしてきます。

そして久々に見るNOT REBOUND。
変わらずに続けるってやっぱスゲエ。

そしてパルプンテS.M.N.。
今日もキレてます。
ヒロアキ(G)がステージ上で死ぬ日は近い。

そしてオレら。
8~9年前に初めて名古屋という土地で
ライヴをやったのもHUCKFINN。
感じる雰囲気が全然変わって無くてアガる。
異様に楽しく出来ました。

ラストはガーリックボーイズ。
ヤバい。非常にヤバい。
ラリーさんのMCで油断させといて…
やっぱりヤバい!強過ぎる!

この日も楽しかったな〜。

打ち上げでは
また同じメンツでやりたいって話になったけど…
ちゃんと覚えてる奴はいるのか?

とにかく激アツな2日間。
誘ってくれた
S.M.N.F.I.Bありがとう。
↑お! くっついた!

|

2008年1月 7日 (月)

1/5 @熊谷 HEAVEN'S ROCK

風邪を!
引き!
ました!

ちなみに前日の1/4は極秘プロジェクト。
下北沢某スタジオにて
某イベントの為に
某3バンド集まって
某曲を
某しました。
そしたら某が…

ボウボウうるせえよ。

とにかくそんなこんなで
風邪を引いた感が否めないのですが、
心配されるのがダルいので
(主に「タバコやめときなよ」と言われる事)
秘密にしておきました。

そんな中での
新春一発目のライヴ@熊谷。
全バンドフロアでライヴ。

フロアライヴ、もしかして流行ってきてる!?
と言っても、そう簡単に真似出来る事じゃありません。

怪我率アップ、機材損傷率アップ、その他もろもろ、
ライヴハウス側は不安でいっぱいです。
セキュリティも地獄だし。

そのライヴハウスの懐の深い事はもちろん、
そんなのをOKしてくれる程の
信頼関係を築かなければ出来ない事です。

モルタルレコードのヤマさんと
熊谷HEAVEN'S ROCKとの信頼関係によって
可能になったこのフロアギグ。

Jr.MONSTERから始まって
ストンピン。いや〜、燃えたね〜。
そして個人的にファンであるBANDWAGON。
もう100ml位ビールが入ってたら
踊り散らかしてたね。(言い訳?何の?)
そして最後はフロアギグでお馴染みの
FUCK YOU HEROES。
マイク奪われ過ぎ。最高。

一発目からこんな夜でいいのか?
って位のハッピーカオティックなイベントでした。

打ち上げでは
新春からポイズンを吐き散らしながら
語りまくって、気づけば深夜。
家に着いたのは朝。

昼過ぎに起きたら、
若干の喉の痛みだけだった風邪に
頭痛、関節痛、筋肉痛、発熱という
オプションが付いてました。
まあ、当然ですね。

舌打ちしながら寝たり起きたりを繰り返して
今に至ります。

p.s. 新春の凧上げは、まだやれてません。

|

2008年1月 1日 (火)

夢 2008

夢、抱いてますか?
心に夢を、抱いてますか?
(2回言うな)

夢にも色々あります。
弁護士になるんだ!っていう具体的かつ本気な夢。
ビッグになるぜ!っていうアバウトだけど前向きな夢。
お嫁さんになる!っていう一見簡単そうで意外と苦戦する嫁、いや夢。

そして、ドラえもんがいたらな〜という
現実逃避に限りなく近い夢。

かつて、妄想癖が尋常ではなかったトム少年は
何故かドラえもんの「スモールライト」に興味津々でした。
「もしもBOX」は子供心にも「何でもアリ」過ぎて
NGだったんだよね。

スモールライトがあれば、
新学期のかったるい荷物もポケットサイズになるし、
自分が小さくなれば、
たった10円で巨大うまい棒が食える!
そして…
女風呂も覗き放題!(←さすが発想が昭和)

今思えば小さくなって女風呂に潜入した所で
いつ流されて行方不明になってもおかしくない。
うまくいっても相手がデカすぎて
毛穴どころか細胞まで見えちゃってグロいよな…。

なんて、大人になると夢の無い事を考えてしまいます。
がしかし!
自分の妄想癖はまだ現役です。
現在も大人なりの妄想をしてます。
(夢の話がいつのまにか妄想の話に)

その中でもここ数年し続けている妄想を紹介します。


「地球がもしも巨大生物の体の一部分だったとしたら」


はい。想像するだけで
危なっかしい気持ちになりますね。
だとすると人間なんて細胞みたいなモンじゃん!
って妄想なのにビックリしてみたり。

ちなみに、俺は地球外生物はいると思ってる派です。
がしかし!

地球外生物(宇宙人)が人間に近い形をしてる確率は
宝くじを3連チャンで当てるより低いだろ?
とも思ってます。

たまたまこの星の重力だとか大気の酸素濃度だとか
難しい事は分かんないけど
もの凄く偶然な色んな要素があって
目が2つで口が1つで手足が2本ずつで
2足歩行する人間って生き物が出来上がったんでしょ?

そもそも人間に似てるのは
地球だけで考えてもでもサルとかだけだし。
ほ乳類にすら似てる確率は鬼の様に低い。
だから俺は人型の宇宙人の話は信じてません。
「宇宙人、ミジンコにそっくり!」とかの方がまだ信憑性あるわ。

実際、宇宙人がミジンコにそっくりだったら、
どんなに人間より知能レベルが高くても
上から目線で話しかけちゃうんだろうな〜。

話が信じられない程に反れたので戻します。


地球が巨大生物の体のほんの1部だとすると…
人間は、もうなんか細胞とか菌みたいなモンです。
たとえ核戦争が起きて地球が滅びても
巨大生物にしてみりゃ「炎症おこしちゃった」程度かもしれません。
鼻くそみたいなもんです。

その視点で考えると、
俺らが普段抱えてる悩みとかは、ありえない位小さい。
巨大生物にしてみりゃ「細胞のクセに悩んでんじゃねえ!」
ってな感じでしょう。

でもそれを踏まえて視点を自分に戻すと、
手のひらとかを眺めながら
「細胞も頑張ってんだな」って思えて来ます。
ちょっとした炎症とか火傷とか虫さされとか、
細胞にしたら大事件なんだなって。

思えて来ない?俺だけか。別にいい。

そう、宇宙レベルでは細胞みたいにちっちゃい俺らも
俺らなりに頑張って2008年を
無事に迎える事が出来ました。
そういう意味を込めて…

明けましておめでとうございます!!

今年も全力で遊びましょう。



…正月早々、
こんな無駄に長いBLOGを
最後まで読み切ってくれてありがとう。
今年は次の正月までに
一緒に過ごしてくれる人を見つけろよっ!

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »