« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

ツアー @富山 新潟 高崎

馬鹿だから大丈夫って思ってたのですが、
溢れ出る知性を隠しきる事が出来ず、
不覚にも風邪を引きました。

体調は全然問題ないけど、
咳と鼻づまりが若干…。
ライヴにはギリギリ支障が無い程度だから良かったものの…
気をつけま〜す。

って事で、

この日から3日間
F.I.BとRAZORS EDGEとご一緒です。
この2バンドにとっては初となる富山。

まずは地元のINGOODから。
この日を盛り上げる為に色々手を尽くしてくれたそうで。
非常にありがたいッス。

そしてRAZORS EDGE。続いてF.I.B。
左回り祭 開催。
2バンドとも「苦戦した…」とか言ってましたが、
あんだけ盛り上げておいて苦戦て。
相変わらず燃える曲ばっかでアガりました。

そして俺らの出番。
ガッツリ楽しませて頂きやした。

いや〜、ライヴの後はルービー(BEER)をキュイっと
と言いたい所ですが(おっさんになったな…)
風邪野郎の俺は禁酒。
打ち上げも途中でフェードアウト。
体調は至って良好なのに…。


そして翌日、(いま間違って変換したら「欲汁」って出た。エロ過ぎる。)
新潟。

ここで事件発生。
俺を含め、F.I.B数名とSTOMPIN'ほぼ全員が
謎の下痢に見舞われる。
たしか去年のツアーで一緒にやった時も
中途(F.I.B Vo)が腹を壊したんだよな…。
相性悪いのかな…。まさか緊張? 恋?

とかど〜でも良くて、
本日は新潟が誇るパンク&ハードコア的ショップ
"GAIN GROUND"主催でございます。
昔からお世話になってる激カッケえお店です。
新潟へお越しの際は是非。

って訳で
地元バンドSTOOK STORE、NOCOMPLYが
「地元ナメんなよ」的な勢いでライヴ。
そしてオレらは「すいませんでした」的な勢いで…
嘘です。遠慮せず本日も楽しませて頂きました。
RAZORS EDGEもF.I.Bも攻めてたな〜。

そして本日も当然、禁酒。
打ち上げも早めのフェードアウト。
ん〜
このストレスの方がむしろ病気に…

ならないね。
体調管理は大切です。
もっと責任感を持ちましょう。


そして翌日、高崎。
程よく入り時間の数分前に会場入り。

しかし先に出発したF.I.Bは
車のナビの通りに進み、無事到着したと思ったら
「え? あれ? CLUB FLEEZ無くね?」
という状況に陥ったらしいです。

当然です。
彼らが向かった先は"高崎 CLUB FLEEZ"では無く、
高崎に移転する前の、今は無き"前橋 CLUB FLEEZ"だから。

…ナビのディスクを新しくする事を激しくオススメします。
相当アセったんだろうな…。って思うとかなり面白いっ。

地元バンド大車輪から始まり、
RAZORS EDGE。本日も左回り祭り開催。
そりゃ回りたくもなるわ。やっぱカッケえ。
そしてオレら。
3日連チャンの最終日って事で燃えました。
個人的には「これでビアーが飲める!」ってのもあったけど。(動機不純)

そしてラストのF.I.B。
今日も攻め上げてました。
ダブルアンコールでは禁じ手と言われる(別に言われてない)
ドラマー以外全員、ステージからフロアに下りてやっちゃうぞギグ。
フロアぐっちゃぐちゃで終了。ズルいけどアガる!
その間、広いステージでケンタ(F.I.B Dr)は完全アローン。
お気持ち、お察しします。

この日はRAZORS EDGEは即帰宅、
F.I.Bは東京へ行き、オレらも神奈川に帰るって事で、
NO打ち上げで解散。
帰り道が同じF.I.Bと軽く
謎めいた中華屋でメシを食いながら
「新しいピックの持ち方」を討論。
当然エスカレートして最終的にはピックを耳に入れたりして
収集がつかなくなった所で帰宅。

後で帰りの車内で分かった事だけど、
俺以外のチームストンピン4人中3人が中華屋の窓から
「白いヒラヒラしたもの」を目撃したらしい。
霊感の強いホリが言うには「霊の通り道かも」とのこと。

うん。
まあ…そんな夜もあるよね。


一反木綿(いったんもめん)だったらアツい。

|

2007年10月18日 (木)

ツアー @仙台 & 千葉

北海道からまたフェリーに揺られて仙台へ。
牛舌食って、前から見たかった「スクールオブロック」のDVDを見て、
一人でガンアガり。ロックやべえ。ロック最高。
つうかジャック・ブラックがヤバすぎる。
「ナチョリブレ」もヤバかった。

そんなこんなで仙台。

いつも三重でお世話になってるat Anytimeも
アルバム出したぜって事でご一緒。
HOTSQUALLも今ツアーこの1本のみご一緒。

前回も一緒にやった地元のButter Fieldから始まり、

何気に久々なHOTSQUALL。
新曲をチラホラやってたけど、イイ!
ライヴハウス限定で売ってるシングルも
やっと聴かせてもらったけど、イイ!
もっと一緒に回りたかったね〜。

そしてat Anytime。
攻めてたね〜。
会う回数は少ないものの、何年も前から知ってるバンドと
何故か仙台で一緒にライヴをやってるってのが感慨深かった。
でもナオヤ髪伸び過ぎっ。

そしてオレら。
シャイっ子多めだったけど、
ガンガンに楽しませて頂きました。
いいね、仙台。

そして打ち上げは
ファミリーレストラン"ミルキーウェイ"にて。
嫌な予感しかしねえ。

やっぱりですよ。
FF(フードファイト)を始める5名。
オレ、ヤス、HOTSQUALLアカマ&チフネ、at Anytimeナオヤ。

何食ったか忘れたけど
1人4,800円くらいだった。
ファミレスなのに…。
腹を押されたらいつでもエレレ状態。
(エレレ=嘔吐する事。嘔吐する際に不本意ながらも発してしまう
エレレレレレレレッという音に由来。)

結果、FFは誰も幸せにならないの法則を見つけました。
ファミレスが儲かるだけやん。

翌日、帰りの高速サービスエリアでも
カレー早食い大会やったけどね。
腹減ってないのにミニカレー + カレー + ミニカレー。
ビデオで撮ったのでそのうちMySpaceに…

アップしねえよ!

そして家に帰って翌日、千葉。

去年3月に磐田で一緒にやった
「Blowin' Up Tour & スベちゃん(SHACHI Dr)さよならギグ」以来、
新メンバーが入ってとっくに復活してるのに
全然一緒にやる機会が無かったSHACHIとの2マン。

新ドラマーのハンくんとは前のバンドの時に2回一緒にやってるけどね。
その頃の印象は、酔ってカラんでくる所も含めて、
地元の某先輩バンドのDrにそっくりな男。
そんな彼がSHACHIでどんなドラムを見せてくれるのか!?

始まる直前に千葉って事で
カレーボーイズ(HOTSQUALL)が3人とも遊びに来ました。
なんか楽屋でソワソワしてます。
「え〜とSHACHIのSEが流れたら〜」
とか意味深な事言ってます。

と思ってたらSHACHIのSEでHOTSQUALLが出てきました。

わお。

いきなり飛び入りで2曲やって去って行きました。
ニクいわ〜。
それにしても楽屋でソワソワしすぎ。

そしてSHACHI。
きっとハンくんが入ったばっかの時は大変だったろうけど、
もう1年経ってるからね。
ハンくんがドラムを叩くSHACHI、
全然違和感無くてイイ感じでした。
「やっぱSHACHIはSHACHIだな〜」って感慨深くなってる所で
"Never End"とかやめて。泣くよ?

そしてオレらの出番。
気持ち入りまくってるっつうのに
BGMはIdolPunchの新譜"BLACK DIAMOND"。
いや、「今年の俺的名盤3選」に入る最高のアルバムだけど、
今はそういう気分じゃ無いぞ!と思いながらのセッティング。
AxSxOめ…(←音響スタッフ)

そして本日も楽しくやらせて頂きました。
久々にアカマ飛び入りVer.の"High & Low"もやったし。
ハンくんのダイヴも見れたし。(半ば強制)

そして居酒屋で爽やかに打ち上げ。
やっぱ千葉LOOKの斎藤さんはヤバいわ。
世界レベルで面白い。
個人的にはTAKEちゃんと
激マニアックなパソコンの話してたけど。
(いつもこうなるね。楽しいけど)

そして外に出るとやっぱ寒い。
今年の夏はハードで長かったけど、やっぱ流石にもう秋だしね。
と思ったら斎藤さんがいない。
しばらくするとコンビニ袋を持った斎藤さん、
小走りで登場。

コンビニ袋の中には人数分のガリガリ君。
このクソ寒いのにガリガリ君て。

当然、その場でありがたく頂いたのですが、
本当に辛いのね。寒空でのガリガリ君ってのは。
舌をヒリヒリさせながら「当たり棒」に祈りを込めて完食。
(もちろん祈ったのは当たらない方。もう一本とか無理)

これまで千葉では、
「自動販売機のミロを買い占め」
「缶詰の虫、試食会」等々。
色々意味不明な事をやってきたからね〜。

何かやらないと帰れないぞオーラを
斎藤さんが、いち早く読み取ったのでしょう。
さすが先輩。勉強になります。

p.s. 何気なく1本だけ「携帯ストラップ当たり棒」が出たので
こっそり千葉LOOKの住所で送っておきました。
来週あたり届く事でしょう。

|

2007年10月15日 (月)

ツアー @北海道

フェリー+ハイエース+もろもろで約30時間。
やっと到着した大好きな土地、北見。

早速、前回ホルモンと来た時に行きそびれた
回転寿司「トリトン」へ。
名前は微妙だが、かなり旨い。
関東じゃ有り得ない値段とクオリティ。
サーモンが口の中で……またグルメレポートかよっ。
北海道来るとすぐそれだ。

という訳で北見夕焼けまつりです。
何度も言いますが、祭りが行われてる訳じゃありません。
ライヴハウスの名前です。

オレらの北見歴は早8年? 9年か? (最初は網走だったけど)
気づけばホームみたいになってます。

って言っても年に1度来れるかどうかってオレらを
待っててくれる友達やお客さんがいてくれるってホント有り難い。
いつかライヴ関係なく遊びに来たい位の土地です。
な〜んにも無いけどねっ。そこがイイ。

1バンド目はメンバー募集中だからって、
アコースティックで参加してくれたRIVET。
メンバーがいないからやらない、じゃなくて、
「いるメンバーでやるよ!」っていうナチュラルさが嬉しかった。

そして PAMPAS FIELD ASS KICKERS。
1人メンバーがお休み中で、前回やった時とはちょっと雰囲気が違ったけど…
全然カッケえ。ホント良いバンドだわ。

そして COASTER。イケイケで最高。
ドラムのヤンマー君とは、オレらが初めて北海道に上陸した時の
網走でのライヴで一緒にやってるって事実を知ってガンアガり。
嬉しいね〜。そういうの。

そしてストンピン。
完全にホーム的な雰囲気で楽しませて頂きました。
途中、ベースがトラブったので
"Spring Has Come" 弾語りバージョンをやってみました。
何気に人前での弾語りは人生初。
思いつきでやったから後半悲惨だったけど、
ホーム的な雰囲気だからこそ出来た事。
やっぱ好きだわ〜北見。


そして札幌へ。

やっぱり「すみれ本店」は激ウマだった。
とか良くて、

大好きなハコなのに中々やる機会を作れなかったライヴハウス
カウンターアクション。
今回3回目なのに思い出があり過ぎてドキドキする。

1発目からFREE KICKがギンギンに飛ばすライヴ。
彼らのホーム苫小牧以外で一緒にやったのは初めて。やっぱイイ!
来年だっけ?遂にアルバムを出すらしいから覚えといて!

そして PAMPAS FIELD ASS KICKERS。
今日でドラムが抜け、他のメンバーも修行(?)するらしく、しばらく活動休止。
ってそんな大切な節目をオレらのレコ発で… 。光栄です。
心を揺さぶられるライヴだった。感動した。

そしてオレら。
気合い入ったね〜。
これぞライヴハウスって雰囲気と
初めて北海道に来た時の思い出とがグチャグチャになって
すっげえ気持ちよかった。

たった2本の北海道公演だったけど
また濃ゆい思い出が出来ました。

もっと北海道にいてえな〜と思いながら
翌日、再びフェリー乗り場へ。


仙台〜千葉へ つづく。

次週 「寒空でのアイツはやっぱり冷たかった」
おたのしみに!

|

2007年10月 5日 (金)

ツアー @熊谷

お次は熊谷です。

この日、「環状八号線」略して「環八」が
またまた渋滞。ホント、何なの君は?

もし環八がクラスメイトだったらシカトするね。
便所の個室に入ろうもんなら上からホースで水ですよ。
そして「やめろよぉ」と泣きつく環八に…ってもういいか。
擬人化する対象じゃ無さ過ぎる。

そんなこんなで、ちょい遅刻で熊谷へ。
早々にリハーサルを終わらせた所、
LINKも環八の渋滞にハマった模様。
ホント環八がもしクラスメイトだったら…

そして本日はJr.MONSTERからスタート。
何だかいつもより自然体でやってる感じで
見てて気持ちよかった。
お客さんものっけからイイ感じ。

そしてLINK。
4人目のメンバー(G)が初対面の新人さんです。
サポートなのかな?今度は正式?
まだこの4人が完璧には馴染んでないけど(見慣れてないだけか?)
でもイイ意味で相変わらず。

次はCOQUETTISH。
素敵。楽屋では異様に「自信ないよ〜」的アピールをしてたけど
問題無くライヴはカッケえ。
やっぱ良いバンドだわ〜。いちいちツボです。

そして俺ら。
楽しかった!
なんか序盤で「何だ?この照れる感じは!?」と思ったら
今回のツアーはお客さん近めなライヴハウスが多くて
(横浜暴動は例外。近過ぎる!)
ステージが高めなライヴハウスが久々だったんだよね。
いまさら照れるなよ。俺。

 
そういえばこの日は
10年前から横浜拠点で一緒にやってるLINK
9年位前に東京で出会ったJr.MONSTER
8年位前かな〜。結成当時から知ってるCOQUETTISH
昔っから知ってるバンドばっかり。

10年位前から知ってる人達と
無理してとかじゃなく、
自然に集まってライヴ出来るってやっぱイイね。

環八の渋滞以外、素敵な夜でした。

渋滞なんて〜無ければイイのに〜
(Idol Punch "Eat Okashi" のメロディーで)



つうか今北海道の北見にいるんですが、

気温低っ。

普通に息が白いんですけど…。

|

2007年10月 4日 (木)

コラムの当選者

インディーズロックマガジンの
コラムの問題の当選者、
もうちょっと待ってね〜。

っつうか熊谷の日記も
もうちょっと待ってね〜。

フェリーで書こう。
20時間も乗るからね…。

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »