« 広島 to 名古屋 | トップページ | HOTSQUALL ツアーファイナル »

2006年12月26日 (火)

The VICKERS ツアーファイナル

最高でした!!
以上!!
おつかれぃ!!




いやいや、そうとしか言いようがないんだよね。

いや、書くよ?ちゃんと書きますよ?

事の発端はThe VICKERS ケンタ(G)と、
ここ2年ほど一緒にやる機会が作れなかったから、
そろそろ対決したいよね〜ってメールとかで言っててさ。

そしたら、いきなりツアーファイナルっていう
彼らにとってすげえ重要な日にオレらを誘ってくれちゃってさ。
イイ感じに普段なかなか一緒に演る
機会の無いバンドに囲まれたイベントだし、

即、お願いしますと。

そりゃ、正直、知らない人ばっかで緊張するよ。
でもね、昔、それこそREALSHIT
(ケンタが前にやってたバンド)とかと
出会った頃は、知ってるバンドの方が少なかったんだよ。
楽屋でいかに初対面の人達にフレンドリーに威嚇するか。
そんな刺激的な毎日だった。

そんな気持ちを思い出させてくれたし、
何よりVICKERSに新ヴォーカルRYUが入ってから
初めての対バンだったから、
鬼の様に楽しみにしてた日だった。

そんなこんなで
1パツ目のTHICK BONES。
拳を上げてシンガロングなライヴ。
マジでカッケエ。
何で今日までオレは知らなかったの?
って位、カッケエ。

2ハツ目のDREX from浜松。
(ちなみにSHACHIのタケちゃんの後輩らしい)
マジでロケンロー。
何で今日までオレは知らなかったの?
って位、ロケンロー。

オレらの知らない所にまだまだカッコイイバンドって
いっぱいいるんだな〜って興奮したと同時に、
自分達がいかに視野の狭い活動をしてたかに気づかされた。
甘え。オレらまだまだ甘え。

って思いながらも、
やっぱり良いバンドを見た後は上機嫌。

そして、オレらの出番。
革ジャンのお兄さん達に紛れて
いつもと雰囲気が違う対バンにも関わらず
集まってくれたストンピンアーミー達、

最高。アガっちゃって、バカ過ぎて。

よく、お客なんて関係ないぜ!
なんてカッコつけてますが、
正直、すげえ心強かった。
みんなと一緒にアウェイに攻め込んだ感じ。
死ぬ程気持ちよかった。

そして待ちにまったThe VICKERS。
怒濤のライヴだった。
スキの無い、凄まじい勢い。
ちっくしょ〜、超カッケエ。
2年前とは本当に比べもんにならない位、
強烈なライヴをするバンドになってた。

ド肝を抜かれるってこういう事だな。

悔しいけど最高。


そしてクリスマス忘年会な打ち上げ開始。
年末で忙しいのかストンピンはオレだけ出席。

オレひとりで超アウェイじゃ〜ん。ってビビってたんだけど、
酔っぱらったら全然関係なかった。
久々に朝まで呑んだくれて、
無駄に15人位で吉野家行って、
東横線で1.5往復くらいしながら帰った。

ガツンとライヴやって、ガツンと呑む。
やっぱコレだよな〜。

「酒とロックが大好きです」




本当は去年まで、酒の味キライだったクセにっ。

|

« 広島 to 名古屋 | トップページ | HOTSQUALL ツアーファイナル »

ライヴ・レポート」カテゴリの記事