« 期間限定通販開始!! | トップページ | 広島 to 名古屋 »

2006年12月16日 (土)

ELLEGARDENとの旅

高知 to 松山 to 周南(山口)
行ってきました。

前日に丸一日かけて高知へ移動。
ほぼノンストップでの鬼の様な移動。
いや〜頑張った頑張った…

100%ヤスが。

すいませんっ、また自分、よだれ全開で寝てました…。


そして翌日、会場へ。
着いたらもうELLEGARDENはリハーサル中。
そして色々準備してたら、普通に
「おはようございまぁ〜す」
と登場するALLISTER。

そう、ALLISTERのBa/Voのスコットは日本語がペラペラなのよ。
スコット以外は日本語あんまり喋れないけど、
でもみんな挨拶とか簡単な言葉はほぼ日本語。

実はオレだけ横浜で一回会ってるんだけど、
きっと日本人の顔なんてみんな同じに見えるだろうから
覚えてないかもな〜。って思ってたら、
「ヨコハマで会ったよね」的な感じで覚えてくれた。

なんて素敵な異人さんなんだ。
そんなこんなですぐ打ち解けた。
楽しいツアーになりそうだ。

この日は高知に1200人という人数が集結。
オレらのライヴも異様にあったかく迎えてくれて
嬉しかった。
そしてALLISTERのマイク(Dr)が
「ストンピン最高じゃ〜ん」みたいな事を言ってくれて
お世辞だろうが何だろうが、すげえ嬉しかった。
そして、ALLISTERもELLEGARDENも貫禄のライヴ。

その夜はALLISTERのメンバーの「箸使い」が
異様に上手い事に驚愕しつつ、
鰹のたたき & ビアー。
ヤスと細美くん(ELLEGARDEN Vo/G)は
何故か巨大おにぎり対決してるし、
最終的には日米手品対決になってるし。
すげえ楽しかった。


そして松山。
早速、知る人ぞ知るサロンキティの店長である
アニキから、限りなく暴力に近い愛を受ける。
今宵も危険な、否、楽しげな予感。
前日入れたタトゥーが気に入り過ぎて
ず〜〜っとそれを見てニヤニヤしている細美くん。
余談だけど、タトゥ−のケアにはボラギノールが良いらしい。
そしてオレらの"Weekend Story"のリフを
楽屋で一生懸命弾きたおすALLISTER Vo/G ティム。
ん〜、楽しい。

ライヴも最高に楽しかった。(←"も"って何だよ!)
トップから飛ばしまくりのALLISTER。
負けじと飛ばしたね。オレらも。
そして灼熱の中でのELLEGARDEN。
THE ライヴな一日だった。

打ち上げではスコットからアメリカのバンド事情を聞いたり
異様に汚い、いや失礼、乱雑な店内にも関わらず
食べ物が異様に美味い飲み屋で二次会やったり。
(店長がカメラマン塁君にガン似)
今宵も楽しゅうございました。


そして最終日、周南。
福岡からマブダチ達が突然やって来たり
楽屋でALLISTERとエロい話したり、
雄一君(ELLEGARDEN Ba)の不思議っぷりに圧倒されてみたり。
そんなこんなであっという間に
自分らのライヴが終わってた。
気持ちよかったわ〜。

そしてALLISTERは今日もカッコいい。
アメリカ人って、皆がみんなそうじゃないし、
最近はそうでも無いとも聞くけど、
割と日本人を小馬鹿にしてるって人が多いって聞くじゃん?
でもALLISTERは全っ然そんな事無くて、
ビックリするくらい良い奴らなの。
それが音にも出ててさ。
ほんと出会って、一緒にライヴ出来て良かった。

そしてラストのELLEGARDEN。
貫禄ですな。
ちょっと女子が多めだけど、
会場が一体になってた。
ちなみに会場の外にも
壁に耳を当ててる子がチラホラ。(すげえっ)

最終日の打ち上げは
高橋君(ELLEGARDEN Dr)と
「ヤンキ−時代とチーマー時代の境目」
について熱く語ってみたり、
やっぱりスコットと手品対決してみたり。
もっと一緒に呑んだくれてたかったけど、
気づいたら時間が来てしまって
ALLISTERと再会を誓い合って終了。

個人的に呑み足り無かったので、
別席で呑んでる福岡のマブダチとヘベレケ。
このツアー呑みっぱなしやん。


ほんと、色々勉強になったし、
そうそう体験出来ない様な事が満載だったし、
なにより刺激的なツアーだった。
ELLEGARDEN、ありがとうっ。

|

« 期間限定通販開始!! | トップページ | 広島 to 名古屋 »

ライヴ・レポート」カテゴリの記事