« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月28日 (木)

季節の変わり目

夏が終わり、
涼しくなったり、まだちょっと暑かったりの毎日。

体調を崩しました。
体調と共に精神もちょっと崩しました。

あ、全然心配しないでね。
下痢程度で大した事ないし、
「精神」って言うとちょっと重たいけど
基本的に「やる気がイマイチ + 常に眠い」ってだけだし。
ちょっとだけ無駄に凹んだり、
無駄にイライラしたりもしたけど。

ただ、やっぱり常に絶好調でありたいけど、
「なんだか異様に調子の悪い時」ってあるよね。
5月病とかの部類のやつ。
最近、何やってもダメ!みたいな。

そんな中、「アレ?今日はなんだか目覚めがイイな」って日に、
朝イチで前々から頭の中にあった曲を一曲
久々に家の機材で録音してみたら、中々イイ感じでさ。
「やべ〜、カッケエ!」って自画自賛しながら
一人でガンアガりして……
気づいたら元の調子に戻ってた。

そんなもんだよね〜。
人の頭って単純じゃないけど
それほど複雑でもないよね。

そもそも大好物(俺の場合サンマ)食えば
たいがいゴキゲンだし。

そんなこんなで"HIGH JACK vol.13"の準備は着々と進んでます。
会場がデカい以外特別な事もなく、
いつも通りな感じでやるつもりけど…
デカいと色々大変ね。
デカいけど「いつも通り」にする為に奮闘中。

もちろん全員にステッカープレゼントはするぜ。
一応"HIGH JACK"の伝統なんで。

楽しみにしててけれ。

|

09/22@BLUE FOREST

"REVENGE OF JUST ROCK TOUR 2006"
熊谷にて参戦。
COQUETTISHとフランスのGUERILLA POUBELLEの
スプリット発売記念ツアー。

このツアー、本当はアメリカの
THE SUICIDE MACHINE来日ツアーとして
やるハズだったんだけどね…。

いきなり解散しやがって!!
(↑まだ知らない人も多いみたいね)
オレ的にも激好きバンドだったから
すげえショックだけど、しかたねい。

しかし今日のメンツはアツい。
久々に観たCHANIWAが猛烈にヤバかった。
COQUETTISHも気合い入ってて激カッコ良かった。

そしてフランスから来たGUERILLA POUBELLEも…
(ちなみにゲリラ・プベルと読むそうです)
すげえカッコ良かった。

外人だからとかそうゆうんじゃなく。
現場パワーがハンパじゃない。
フランスってオシャレで高貴なイメージじゃん?
それって日本人=チョンマゲに近い考えなんだろうけど…。

全然違うの。勢いがスゲエの。

聞けば相当ライヴとかツアーしまくってる「現場バンド」らしく、納得。
TILL(G/Vo)が普通にイケメンなのがズルいけど。

そんな彼らはビックリする位フレンドリー。
お互いカタコトの英語で
(って言っても向こうのが全然上手いけど)
CDとかTシャツとか交換して仲良くなりました。

色んな意味で良い刺激をもらった一日でした。
JUST ROCK、ありがとう。

|

dustboxとの旅

更新遅くなってゴメンなせいっ。

9月の半ばに
dustboxのツアーにちょろっと参加してきました。

初日は名古屋ROCK'N'ROLL。
非常に狭めで、素敵なハコでして、
実に7年振りくらいです。確か。

しかし、ライヴ中に狭い狭い言ってたらスタッフさんに
「狭くて悪かったね〜」と言われてしまいました。
すいません、オレら的には褒め言葉なんです。
(↑そんなん、わかる訳が無いよね)
とにかく激アツな空間でした。
面白かった!

ちなみに…
この日から楽屋でのオレとガースー(dustbox G/Vo)による
「ファミコンの曲をどこまでギターで再現出来るかセッション」が
始まりました。
とりあえずオレは「スーパーマリオ1-1BGM」。
ガースーは「ツインビーのベルを取った後のBGM」
でお互い小手調べ。
グルーヴが生まれ始めてます。

そんな日の打ち上げは中華料理。
誰も頼んでないのに「最後は杏仁豆腐だろう」と思い込み、
ひたすら待ってみるが、もちろん出てきませんでした。
ガンギレ。(←逆ギレにもなってねえし)


2日目は滋賀のBフラット。
有名な心霊スポットですね。
霊感はゼロなのでガンスルーで、
普通にガースーと昨日の続きの
「ファミっ子ギターセッション」をしてました。

とりあえず1つに絞ってスーパーマリオを効果音アリで極めようかと。
コインを取る音、ドカンに入る音、1UPとか
研究に研究を重ねる。1-2のBGMはもう完璧ッス。
しかし極めるにつれて周囲の人達はドン引きです。
たまに息抜きでスペランカー(←コレも昔のファミコンゲーム)
を主旋律とベース音に別けてノリノリで弾いてみたり。

ちなみにヤスとジョージ(dustbox Ba/Cho)は
基本的にリハと本番以外はスロット行ってます。
よくお金続くな〜…。

あ、ライヴの方は…、
久々のBフラット、楽しく出来ました。
ダストも相変わらずテンション高けえ。
そして出番が早かったからって
ビアーしてしまったオレのテンションも高けえ。

そのままBフラットで打ち上げ。
レイジ(dustbox Dr)が、オレの携帯を使った
ドッキリ大作戦をやりたがってます。
※詳しくは本ブログ、
 「04/05 弘前 Mag-Net」&「2006 夏の想い出 (上)」参照。

でもオレもうやり過ぎて飽きちゃったんだよね〜。
って事でレイジに携帯を貸してあげて
勝手にやってもらいました。

レイジ、地元のバンド+一緒にツアー中のRUNNERS-Hiを
騙しまくってガンアガり。
それを見ていたボクは
「人の携帯で楽しみくさって!」と憤慨し、(←自分で貸したクセに)
更にこちらからドッキリを仕掛ける事に。

地元の少年(マルコス氏)に
「送り主と送り先のアドレスを自由に設定出来る」
という携帯メール技を教わり、
(なにも無し)@docomo.ne.jpからレイジの携帯へ
「もうやめて…」という謎のメールを送信。
(この技自体は合法ですが、悪用すると捕まります)

そのメールでビビり狂う…

地元バンドさん達。

レイジ、ビビらずにアガる。(←その技の事を知ってやがった!)

結局地元バンドの一人が、
顔色がおかしくなる程にビビっていらっしゃったので、
同じ技で「ドッキリ大成功」というメールを送りネタばらし。
オレも始めから参加すりゃ良かった。


そして3日目。
ストンピン発上陸の福井。
福井CHOPでございます。

クソ楽しみ。

とりあえず今日は「ファミっ子ギターセッション」最終日。
これまでに得た技の数々を…

ダラダラと楽屋で弾き倒す二人。
今日はジョージもスペランカーのベースで参加。
やばい、この中学生的グルーヴ。マジ楽しい。
実際、スーパーマリオの完成度が
かなり高い所まで来てしまったので、
いつか"Youtube"で発表します。     多分しません。

そんなこんなで
RUNNERS-Hiも気合いのライヴを見せつけてくれて、
地元のファイヤートレーラーってバンドもマジカッコ良くて、
ストンピン初福井、「お前ら誰?」的な鬼アウェイだと思いきや、
ボクらも非っ常に暖かく迎えて頂き、
dustboxもいつもに増してギャンアガりなライヴで、
非常に楽しかったんです。
気づいたらオレも客席最前列にいた気がするし。
いや、気のせいだな。

楽しい3日間でした。


が、しかし、
翌日東京でNO USE FOR A NAMEと共演するdustbox。

東京まで 400km 即帰り。

オレらだけ福井に残るのもなんか違うよな…って事で、

一緒に 400km 即帰り。

家に着いたのはもちろん
小鳥達がチュンチュンな時間より若干後です。

いや〜、バンドマンしてるな〜。(←寝まくってたクセに…)

|

2006年9月15日 (金)

DOLCEとの旅

●9/8 仙台
とりあえず早々にリハーサルを終わらせ、
ベタだけど、牛タンを食いに行った。

偽ストンピンバードで。

オレと、ホリと、ヤス…?
あれ? ヤス? あ、ヒロか。(←ヤスの弟)
マジでチラ見程度ならストンピンの3人に見えるはず。
今回何故かヒロが同行してます。
ちなみにヒロはオレの高校の後輩でもあります(関係ない)。

面白いので本番も偽ストンピンでステージへ。
触った事も無いベース弾き狂うヒロ。
全く気づかないお客さん。
客席の奥にはヤスが。
それにも気づかないお客さん。

ストンピンバードの認知度の低さを痛感いたしました。

全部嘘だけどね。(一緒に牛タン食ったのはホント)
いやぁ〜ライヴは楽しかったんだけど…
朝が早くて眠かったから記憶が曖昧。

この日はびっくりドンキーでメシ食って終了。
HOTSQUALL アカマ(ba)と一緒の部屋でガン寝。
ツインではなくダブル(ベッドが1つ)だった為、
同じ布団に二人…
寝返りをうつたびに唇と唇が…

キモッ。そんな訳ないじゃん。別で寝ましたよ。
携帯目覚ましアラームがマナーモードの為に鳴らず。
朝からみんなに謝罪。ん〜気まずい。

●9/9 秋田
久しぶりにも程が有る勢いの秋田。
しかし油断してたらマジ暑い。
楽屋が機材であふれてしまったので
近くのフォーラスにて時間つぶし。
しかしフォーラスも油断していたのか、あまり涼しくない。
結局何故かミスドでお茶をして時間をつぶす。

こんな時スロットとか…
いやいや、今さら覚えたらきっとタチの悪いハマり方するし。
(※いまだにスロット打った事ありませんけど何か?)

そんなこんなでライヴが始まり…
明日は移動がハードなので早めの退散。
でも普段寝るの遅いからね〜。
急に早く寝ろって言ったってそりゃ…(即寝)

「トムさん話の途中で寝てましたよ」(再び同室だったアカマ談)

●9/10 新潟
秋田と新潟って高速道路でつながってないのね。
全然知らんかった。
そんな訳で5時間ほどの移動。
容赦なく寝るオレ。
だって…何かやってると酔うし…
面白い話とか全然ないし…
スロットやった事ないし…(関係ない)
車用のマクラ買ったばっかだし…(確信犯)

そして新潟に到着。
リハを終わらせ、新潟名物になりつつある
トンカツ屋へ。
何も見ずにいきなり「カツ丼っ」と注文するアカマ。
来たカツ丼は卵でとじてない。(それがウリ)
え?そんなに?って位に凹むアカマ。
「卵のフワフワが…」と完全に顔が引きつってます。
でも食った途端にウマくてニッコニコ。

…どんだけ単純?

ライヴが終わり、気づけば夜1時くらい。
本日は泊まらずに帰るので
帰り道のサービスエリアで打ち上げ(?)

珍しく爽やかに撤収。
いつもなら「普段絶対買わないお土産を買う合戦」が
おっ始まるはずが、今回はナシ。

そんなこんなの楽しいツアーでした。
ライヴの事を全く書いていないのは…
全っ然、特に意味は無いです。
深読みとかしない様に。

ん〜、今回の日記は…ユルいな。
まいっか。
9月入ってから毎日異様に眠くてさ〜。

「眠い病」かなぁ。








そんな病気ねえよ。

|

2006年9月 7日 (木)

発売っ!!

遂に発売されました。

PIZZA OF DEATHのコンピが。

やっぱF.I.Bええわ〜。
今風の西海岸メロコアに見せかけて
オールドスクールのニオイがプンプンと…

ってオイ!!

…文章でのノリツッコミが皆様に
どう映っているのか心配でなりません。

まあいいや。

とにかく発売致しました。
あのドロッドロでネッチョネチョなワンマンの
音と映像がふんだんに盛り込まれたライヴ盤が。

悲惨でしょ?
って言うか汗かき過ぎて
後半、正面アングルだとカッパでしょ?
オレ。


楽しんで頂けたら光栄です。
(カッパじゃなくて全体を)

いや〜
日本全国(一応ね)にオレ達のブザマな姿が
流通していると思うと…

アガるね。
(カッパは照れる)

ただ、あのライヴ見せちゃうと
今後のライヴを半端なテンションで出来ない
っつう事にいまさら気づきました。

あまり期待しないように。

ところで昨日数名のお客さんに
横浜西口ユニオンで撮った展示中のヒヨコちゃんを
見せてもらったのですが…。

アレ、横の黄色いボタン押すと
照明光るからね?
説明不足だったか…。
すいざせん。

そんなこんなで明日は
朝8時出発で仙台です。
朝は非常に苦手なんです。
では。

写真は「発売したぜ!」のイメージです。
俺も優勝したい。

200602081233103

|

2006年9月 5日 (火)

音楽配信開始。

やっぱりやる事にしました、
ネット音楽配信。
そして着うた&着うたフル。

今までやらなかった理由は…

○理由その1
ジャケット、歌詞カード、そしてCD。
それが全て揃った状態のパッケージを
自分達の手で作って来た。
どれが欠けても完全体の
「ストンピンバードのCD」では無いと考えたから。

○理由その2
足を使って買った物の方が
永く愛されると思っているから。
実際自分がそう。
多少の苦労をして手に入れた物の方が
愛着が湧く事がやっぱり多いし、
期待はずれだった時の残念感のデカさも
身にしみて感じる事が出来る。コレ重要。

○理由その3
手続きが面倒くさそうだから。
って、だらしないだけじゃん!って感じですが、
実際ウチのレーベルはそこまで
細かく色々こなせる程の人数がいないので…。

まあそんなこんなで
今までやらなかった訳ですが、
状況と環境が変わり、
僕の気も変わりました。

どんな形であろうと
「聴きたい」「聴いてみたい」という人に
自分達の作品が届くのは嬉しい事だ。
見知らぬ誰かの携帯からストンピンバードが
流れるのも普通に嬉しい事だしね。
「時代」に対して片意地はるのは止めようかと。

でも本当のキッカケは
「今は結構簡単に手続き出来るよっ」って事を
教えてもらったからだけど…。
やっぱそこかよっ!!

マジメに話すと、
一括して色々やってくれる上に、
信用できる会社と出会ったから。
2つ以上の会社とやりとりしてたら
確実にテンパるからね、俺。


ただ…………


コレ読んでる人はちゃんと買ってよねっ!!
別に友達から借りてとかでも全然イイけど、
ジャケとか見てよね!!
ショボいなりにちゃんと
ゼロから作ってっから!!

1stのジャケとか今見ると
「ウヒョッ」って位未熟な感じだけど、
当時の自分の技術をフルに駆使して
頑張った思い出の作品ですから!!
(↑頑張ったとか自分で言うな)


そんなこんなで明日から配信スタートします。
だいぶ迷惑かけながらギリギリで手続きしてたので、
全サイト同時に開始されるかは謎ですが…。

|

2006年9月 3日 (日)

発売直前っ

な、訳ですが、
(あ、ライヴ盤がね。)

見本盤のサンプルを渡したバンド友達に
「2000円じゃあ コリャお得だよ〜」
と言われまくってますが…、

そりゃ固定概念です。
「安売り」はしてません。
2枚組だからって、別に妥当な値段です。

決して4000円とかでDVDを売ってるのを
否定している訳じゃないよ。
内容の割には高くね?ってDVDもいっぱいあるけどさ。

とにかくオレらの今回の作品は、
友人&知人パワーをフルに使ってるので、
おかげさまで、余計な費用がかかってないんです。
余計な費用がかかってないのに
高く売る必要は無いんです。

↑おぉ、何だか
「イイ奴だろアピール」
みたいに聞こえるね…(そんなこと無い?)。

そうじゃなくて、
「安売り」してると思われるのがイヤなんです。

「自分を安売りしないで!!」って
あの娘に泣きながら言われたくないんです。

「夢を諦めないで!!」って
言われる筋合いもないんです。



え〜と、何の話だっけ?

|

2006年9月 1日 (金)

ジオラマ展示情報

"TIME OF OUR LIVES"のジャケットでお馴染み(?)の
「ヒヨっ子ライヴハウス」のジオラマの展示ショップ決定!!

発売日(前日入荷なので9/5)より9/13まで
ディスクユニオン横浜西口店にて展示します。

写メ撮り放題です。

お店の人に迷惑かけないように!!
詳しくは"TIME OF OUR LIVES"のページにて。

|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »