« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

2006 夏の想い出 (夏の終わり編)

まとめて一気に書きます。
ダイジェスト的ですいませっ。

●8/15@Zher The ZOO
SK@Y MATESのレコ発イベント。
FULLMONTYのメンバーが増えててビックリした。
江戸むらさきは流石だった。
ステージじゃなく普通に喋っててもマジ面白い。
SK@Y MATESは…
やっぱイイわ〜。凄くイイ。
沖縄人ならではのあの「癒し感」は何なんだろ。
気持ちよ〜いライヴだった。
いつか野外で見たい。
沖縄でまだ暑い10月位の野外で
クソ冷えたビアー片手に見たい。見た過ぎる。
8月でいいじゃんって思った?
暑過ぎるのはイヤ。

●8/23 @F.A.D
DOLCEレコ発。
ゲストはHOTSQUALLとウチとWRONG SCALE。
THE 同世代。
(しつこい様ですが、HOTSQUALLは童顔ですが同世代です)
やっぱ同世代グルーヴは楽しいわ。
打ち上げでは若き頃にハマッたバンドの話。
マニアック過ぎて誰にも話せない話を
ここぞとばかり放出しまくったね。
あ〜、クリケッツ聴きてえ。スプロケ復活ってホント?とか。
そういう話の出来る友達、マジ減ったからね〜。
楽しいひとときでした。

●8/27@京都WOOPEES
F.I.B企画。
個人的にも奇跡の激アツメンツ。
TOAST復活ライヴから始まり、
2番手はウチ。久々のWOOPEESでガンアガり。
クソ気持ちよかった。
そして、I SCREAM7SHOWERS
そんで、久々に見るJr.MONSTER
ん〜で、RAZORS EDGE。
そして最後にF.I.B。
どのバンドもスゲエ良かった。
↑って言うと適当っぽいけど、
マジ良かったとしか言いようがない。
やっぱRAZORSは見てて滾(たぎ)るね。
血が滾る。←何の血か解んないけど。
そして何よりF.I.B。
エナジー剥っき出し。
あいつら全然年下なのに
ライヴ見てギャンアガりしてしまったのが悔しい。
早めに手を打とう。(え?)
本当に良いバンドですわ。
っていうか本当に良いイベントだった。
終止刺激的。
コレが地元だったら気楽に朝まで飲んだくれるのに…。
京都め!!(←何にキレ?)


そんなこんなで夏が終わってもうた…
暑いの苦手だから肉体的には嬉しいはずなんだけど…

なんだこの寂しさは?
一夏の恋とか全くしてないけど
なんだこの胸キュンは?

悔しいからもっかい海いこ。
9月のブッ壊し中の海の家を眺めながら
ビアー飲みまくろ…。




泣きながら。

|

2006年8月26日 (土)

2006 夏の想い出 (タイト祭)

青森県は弘前(←ちなみにヒロサキって読むからね)から
埼玉県の秩父へ。

台風明けの夏の空は
非常にカッコイイ事になっております。

060809_161401

あの中に絶対
ラピュタ もしくは 空島 あるわ〜。
という妄想とうたた寝のハーモニーに
8時間ほど酔いしれているうちに到着。




前日からスタンバってる
タイトチームとマキシマムザホルモンと
軽くアガって就寝。
いや〜楽しみ過ぎて全然寝れ……な……(他界)

そして当日。
会場入りして早速バンドの出店
「たいと麺」の支度。

Tightmen
今回は「全国制覇」的な看板を用意。
見る人が見たら確実にカラまれます。

準備に追われているうちにDOING LIFEがスタート。
諸事情があって早めにスタートしたらしいけど、
もうちょいゆっくり見たかったな〜、野外DOING LIFE。
でも彼らの「男オーラ」は準備中のテントにも届いてました。

しかし今回の出店はマジで気合い入ってるな…。
特にdustboxのナンカレーとホルモンのホルモン焼き。
前回は気合い入ってるのウチの「たいと麺」だけだったから
わりと一人勝ちだったけど…、
って別にコレを競いに来てる訳じゃねえかっ。

実はオレら、昼過ぎには売り切れる「少なめ設定」にしてあったんだよね。
だってゆっくりライヴ見たかったんだモ〜ン。
食べれなかった人ゴメンなさい。
大丈夫。「たいと麺」はただの「そうめん」だから。
家でゆっくり食べて下さい。
つゆにゴマ油をちょっと入れるとウマいよ。(←LINK柳井様より)

それは置いといて、
どのバンドもアガッちゃってて最高だった。

dustboxの八食に続き最高なライヴが終わり、
気づけばオレらの出番。
タイト祭がミューズパークで行われるって決まった時からの
俺達のテーマ、
「イスのある席で、どういつも通りのライヴに持っていくか」
コレは非常に難しい…。

ヤスの一声で座席のあるVIPゾーンより後方の
芝生ゾーンに人を集めたが、
思ったより危険な状態になった。
この事で主催者側に非常に迷惑をかけてしまった。

しかしやり方が強引だったけど、
やってみて解った事が多々あった。
本当に申し訳ないけど、勉強になった。

ただ、やっぱりオレらみたいなバンドは
座席アリのライヴは向いてないんだなと再確認した。
ちょっと寂しいけど、仕方ない…。

しかし本当に迷惑をかけました。
この場を借りて、ゴメンなさい!!!

そして10-FEETのいつもに増してアグレッシヴなライヴに続いて…

ギターのえのもっちゃんがこのステージで最後となる
LOST IN TIME。

噛み締める様に見た。
特にその事にも触れず、いつも通り演奏する3人。
この3人でのステージはこれで見納めか…
という切なさが曲とリンクして泣けてくる。
最後の「手紙」はヤバかった。
この瞬間にこの場所にいれて良かった。

そしてマキシマムザホルモン。
やっぱスゲエ。
バンドももちろんスゲエけど、
数千人のヘッドバンキングとか普通に怖いからっ。
アガるわ〜。

そしてNOBのフィルムギグ。
やっぱスッゲエ良いバンドだわ。
その再認識が切なさに直結しちゃって、
映像でのライヴがカッコ良ければ
カッコ良いほど悲しかった。
久々に動いている鎌田の顔を見たら
やっぱり猛烈に会いたくなった。ちきしょう。

でもこれでやっと一区切りかな。
もちろん今もNOBは
NOBを大好きだった人の心に生き続けてるけど、
「悲しみ」を「過去」にする事は大切な事だと思う。

でも会いてえ。会って色々話したい…。ちきしょう!!

そしてラストのDOLCE。
ホント、自由だね。
ここまで音楽で自由に遊べるバンドは
中々いないよな〜。

アンコールでは紙テープを吹き飛ばして終了。
(マジそういうのジェラる!!)

そして後片付け。
ほぼ全てタイトの関係者が会場を作り上げたから
もちろん片付けも関係者で。

でも帰りがけにお客さんが
ゴミをちゃんと拾って帰ってたらしいね。
自分の片付けに追われてて
オレはそれを見れてないけど、
マジで素晴らしい事だと思います。
それは「またやって欲しい」って言う
みんなの気持ちなんだろうね。

そして皆で片付けをしながら
ダラダラと皆とダベって。
デニーズでメシ食って。
帰宅。

間違いなく想い出として濃く残る
良い一日だった。


ライヴ中にヤスを写メってみた。
ん〜、イマイチ。
やっぱ想い出は脳みそで撮るのが一番だわ。

060810_150301

|

2006年8月23日 (水)

2006 夏の想い出 (下)

その後に弘前で1本ライヴ。
本当は八食野外〜弘前MAG-NET〜八戸ROXX
というマグネットコーティングとの
想い出のゴールデンル−トでツアーしたかったのですが、
今年はタイト祭があるので弘前オンリーで。

弘前楽しかったな〜。
青森で過ごした5日間の夏休みのシメって感じ。

あ、ライヴなのに「夏休み」とか言ってゴメンね。
ライヴは遊びじゃないけど遊びなんです。
 
とにかくこの日は
野外ではゆっくり見れなかった
THE LOCAL ART、HOLSTEIN、lostageの
尋常じゃないライヴをガッツリ見れて、
すげ〜刺激的だった。
この日復活した地元のS.P.N POWERも
すげえ良かったし。

ん〜、
この「夏の想い出 (下)」に
タイト祭の事も書こうと思ってたけど…
長くなりそうだから別で書こ。

しかし青森での5日間は
凄く楽しかった。
まだ2年目だけど、
八食サマーフリーライブとそれ絡みのツアーは
俺たちにとって大切な
「夏休みツアー」になってきた。

絶対大切だって。
友達とBBQとか海で何も考えず遊ぶのとかって。



あと、「日焼け止め」と「虫よけスプレー」も
非常に大切です。
でも来年の夏にはまた
その大切さを忘れてるんだろうな…。
バカだから。

|

HIGH JACK vol.13 チケット

10/06(金) HIGH JACK vol.13
チケット、ソールドアウト致しました。

取りたくても取れなかった人、
ゴメンなさい。

気合いで取れた人、
お疲れッス。当日よろしく!

ちなみに当日券は…
先行メール予約のキャンセル分 + 少々出す予定。
だから先行で予約したけど来れない人は
ちゃんとキャンセルメールしてね。マジで。
まだ発売時間とか決まって無いですが、
詳しくはHPのHIGH JACKページにて。


嗚呼…
満員のBLITZか…

超楽しそう。(強がり)

|

2006年8月17日 (木)

2006 夏の想い出 (中)

八戸へ前日に到着。
今日は主催者のTさんの実家に皆でお泊まり。
Tさんの実家、お風呂屋なんです。
しかも完全昭和スタイル。
何度来てもアガる。(ってまだ2回目だけど…)

みんなでフロに入り、
脱衣所に布団を敷いて
完っ全な修学旅行状態で就寝。
流石に朝が早いから空気読んだけどね。
(数名ニュー●ティカ先輩に拉致られたけど…)

そして早朝に八食センターへ。
(早朝と言っても8時。一般的には普通)

ステージ裏にはもうBBQの用意が…。

★★★はい、ここで説明入ります。
八食サマーフリーライブとは、
青森県八戸市にある巨大な食品市場「八食センター」で、
八食センター主催で駐車場にて行われる
野外フリーライブイベントである。

バンドがいっぱい出る

タダで見れるし若い子もいっぱい来る

ハラペコ若人で八食センターも大繁盛

やった〜!!

そんな夢のイベントなのである。
しかも!!ステージ裏の楽屋テントでは
肉&海産物のBBQ食い放題!!
さらに!!今年は2デイズで開催!!

夢過ぎるだろ…。
オレらごときがこんな贅沢していいのか…?
(↑でも遠慮は一切しない)

そんな訳で、1パツ目のピンクリボン軍から
テンションギンギンに高く始まりました。

肉食って、ホタテ食って、ライヴ見てエビ食って
ライヴやって…

肉食って、ホタテ食って、ビール飲んで、エビ食って…

そんな感じ。
個人的にイカとサンマを買ってきて勝手に焼いて食べたり。

ライヴは…、ちょっと荒かったな。
しかも昨年、僕がドラムの台からジャンプして
「鉄パイプにぶらさがって足でギターを弾く」
という奇跡の技を披露したのは有名な話ですが…。

やっぱ同じ事しようとしちゃダメだね。

落ちました。そりゃあ豪快に。

パイプの位置が去年より数cm高くなってました。
(↑確認済み。決して失敗の言い訳です…)
まあギターのチューニング以外は
無事だったから良かったけどね…。

そして最後にSABOTENで1日目終了。
キヨシ(G/Vo)がいつもに増してキレてて最高だった。

060805_121301
<写真>今日は出番が無いのでスキを見せてしまった
dustboxガースー(G/Vo)。
「素」すぎて危険なので修正有りで。





そして2日目。

前日に出番が終わったオレらは
「完全フリーダム」です。
ただのBBQバカです。
昨日に増して勝手に食材を買って焼いて食ってました。

この日はdustboxが尋常じゃなく良いライヴをしてたな〜。
久々に見たマキシマムザホルモンもパワーアップしてた。
ラストのSNAILRAMPではステージ裏でスカダンス祭り。

060806_130801
写真はFUCK YOU HEROESの奇跡のショット。
ステージ上にいるアンドリュー(Dr)と
ステージ下にいるドツちゃん(G)。
ちなみに全然コレ、ライヴ中です。





楽しかったわ〜。
一方的に夏休みさせて頂きました。
そして打ち上げでは
バンド対抗スイカ早食い競争。
ウチからはヤスが出馬。
最終的には「全裸で顔面にスイカをこすりつける競争」に。

決勝のジャッジはなぜか人気投票に。
ヤス優勝してるし。
さすがやわ〜。

優勝プレゼントを頂いたのは良いのですが、
「来年の八食で大トリ」というオプション付き。

マジ困るんですけど…。

そしてさらに居酒屋で2次会。
無駄にアガってる10人で、いきなり
打ち上げ代を全オゴりジャンケン。
一人2000円なので総額2万円。

勝てば良いって話ですよ。
勝てばね。


ああ、負けたよ!!
2万払ったよ!!
ちょっと多めに持って来たお金がゼロになったよ!!

あ〜あ。
その後も何かとギャンブル性の高いゲームで盛り上がり、
夜は更けていったのでした。
真似しない様に。


ちなみに2次会からホテルに帰る途中のコンビニで
「ハーゲンダッツ13人にオゴりジャンケン」
でも負けましたけど何か?

さらに3日目。
残ったみんなで海でBBQ。
キャッチボールしたり
フルスビーしたり
夏満喫な一日。超贅沢。

本当に楽しかった。

060807_184701

これが青春じゃなきゃ
何が青春ですか?

|

2006年8月15日 (火)

2006 夏の想い出 (上)

新作リリース1月前という
レーベルとしては最も多忙を極めるこの時期に

旅にでちゃいましたっ。
おかげで出発直前まで大パニック。

まずは8月2日、久々の郡山 with dustbox。
着いてすぐに近くの小汚い食堂の小汚い冷やし中華を食べる。

非常に美味い。

が、メロンを乗せるのはどうかと思う。
メロンも別で食べたら美味かったけどさ…。

そんな事はどうでもよく、
THE LOCAL ARTも交えて
楽しい一日でした。
…正直あんま覚えてない、暑すぎて。

そしてそのまま泊まらず山形の酒田へ。
そして酒田MUSIC FACTORYに泊めてもらう。

夜のライヴハウスは普通に怖い。

が、霊感ゼロ、むしろマイナスの俺には非常に快適だった。
なんなら住める。

そしてみんなで銭湯へ行き、
ライヴスタート。
昨日のメンツにさらにPANも交えて
楽しい一日でした。
…正直あんま覚えてない、暑すぎて。

2日間全然ライヴレポートになってねえな…。
まいっか。ライヴは来た人のみ知る想い出って事で。
(↑有りがちなごまかしでクリアー)

この日は打ち上げもMUSIC FACTORYにて。
昨日貰った会津在住の弟子から貰った
スイカを食べつつ…
「夏」だし久々に「仕込み」をする事に。

ひと際心霊的な雰囲気を発している
2Fの工事中のトイレに、
ホリからの着信を不気味な
「か〜もめかもめ」と歌う着信音にセットした
オレの携帯を隠す。
そう、かつてHOT SQUALLに仕掛けて
大成功したドッキリ大作戦である。

戻ってきて「さ〜2Fでキモ試しでもするか〜?」
なんて言うと、リアルに2F周辺に女の霊を見たという
THE LOCAL ART オカダ(Dr.Vo ※霊感ガン強)の話。

え?マジでいるの…?
早く言ってよね〜。
え〜と、場所かえよっかな、と。

本気の霊を恐れたオレは携帯を1Fトイレに移し、
(マジ1人で2Fに携帯取りに行くの怖かったから!!)
作戦開始!!

まずはLOCALのマナブ(Ba)が引っかかる。
「なんかトイレで"かもめかもめ"の歌がさ〜」

…酔っぱらっていて全然効いていない…。

しかしそれに反応したLOCALタケ(Gu※若干太い方)が
ネタを知っているdustbox レイジ(Dr)と一緒にトイレへ。

「あ"〜あ"〜」と意味不明な声を上げながら戻ってくる。
レイジの演技が若干わざとらしいがバレてない。

入りますっ!!

更にPANの元(Dr)も騙され、イイ感じ。

二人ともテンションが異様に上がっている。
足の小指をタンスの角にぶつけて
イタ過ぎて笑ってしまう様子に似ている。

怖過ぎて笑っちゃってる状態。

いや〜、楽しいっ。
でも今日もココに泊まるので、
ネタばらしを早めにやらないと本気で寝れないだろうから
早めのネタばらし。

元は薄々気づいてたらしいが、タケはガンギレ。

そうしてMUSIC FACTORYにて2日目の夜を過ごしたのでした。
霊がいるって聞いても…熟睡。

そして朝イチで問題の(?)ラーメン屋「けんちゃんラーメン」へ行き、
(↑それにしても聞き覚えがある名前だ)
思いっきり「好き派」と「嫌い派」に別れた所で
酒田の海でdustboxとSTOMPINで日光浴。
そして昼過ぎに青森へのロングドライヴへ出発。

明日は八食サマーフリーライヴだ!!
眠いし日焼けして暑い!!

|

2006年8月12日 (土)

すまんです。

更新遅れてます。
8月頭からタイト祭までのプチツアー。

遊び疲れて廃人になりました。

復活して更新するまでちょっと待ってね。


追伸
オレの父が意外とストンピンHPを見てる事が昨日発覚。
プロフィールの
好きな芸能人:深津絵里
あたりを今さらイヂってきました。

父恐るべし。

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »