« 依存症 | トップページ | 梅雨入りツアー(前編) »

2006年6月 7日 (水)

06/04 熊谷BLUE FOREST

この日はNO HITTERとELECTRIC SUMMERの
スプリットレコ発ツアー。

そして初めてのハコ。

PAさん(←音響さんね)が強烈にアツい人で、
ほとんどのライブハウスで普通になってしまってる事を
覆す人だった。
(ex.某先輩バンドの方なので以後「先輩」と書きます)

リハーサル中に、超 口出してくるの。(←もちろん良い意味で)

ギターの音はこうの方がイイとか
ベースの弾き方はこうした方がイイとか。
ドラムが聴こえないのは「鳴るポイント」をイイ感じに叩いてないからだとか。

CD出してツアー回る位になってくると
中々こんな事言ってくれる人はいないぜ〜。

でもオレらは特に何も言われなかった。
なんだか俺らの音作りがイイ感じに先輩のツボにハマったらしい。
嬉しかったり、ちょっと寂しかったり。

そんなこんなでライブスタート。
NOBのテツヤがVoをつとめるTHE NO EARから。
NOBの時には見せなかったシャウトっぷりとキレっぷり。
しょっぱなから攻め狂ってた。すげえ。

次はCOQUETTISH。
やっぱイイわ〜。
個人的に好きな曲いっぱいやったし。
アガった。

そしてオレら。
ツアー終わって気が抜けて
ショボいライブにならない様に…
とか言ってる場合じゃない位に、灼熱 & NO酸素。
ツアーファイナルの後半よりキツかった…。
ツアーボケしたライブやるよりは良かった。かな?

んで、ELECTRIC SUMMER。
久々に見たけど、やっぱカッコイイね。
今まで見た中で一番良かったかも。
って言っても後半ちょっとしか見れなかったけど。
だって黙って見てても汗かくわ、
呼吸が苦しいわって状態なんだもん…。

暑いのは頑張ればいいとして、
酸素不足は思考が低下するわ
頭痛がしてくるわでキツい。

なのでNO HITTERに「空気の入れ換え」を提案。
やってみたらかなり効果アリ。
そう考えるとこの日ELECTRIC SUMMERが
最も過酷な状態でライブをやったって事だよな…。
もっと早く気づくべきだった。

そしてNO HITTER。
やっぱズルいわ。ツボ過ぎる。特に新曲。
でもやっぱり辛かったらしく、
今まで見た事ない顔でライブやってたな。
いや〜、面白かった。
(↑その顔が、じゃないよ。このイベントが。)
刺激的な一日だった。

そして最後に先輩から一言。

「君たちの音作りは外人に近いね」

入りますっ。
いや、外人が一方的に凄いって事じゃないよ?
ただ、PA的に「デカい音」を出しやすい音作りなんだって。

俺たちは間違ってなかった…。
先輩ティ〜〜ッス。

そしてビアー飲んで、ココの特製カレー(ウマい)食って帰宅。


翌日、朝(昼)起きたら、
頭痛と異様な全身の疲れ。
「ツアーボケ」はココに来たか…。

うわっ、↑日記ながっ。

|

« 依存症 | トップページ | 梅雨入りツアー(前編) »

ライヴ・レポート」カテゴリの記事