« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月20日 (木)

<訂正ッス>

ライブスケジュール、
6月の横浜F.A.Dは23日(金)が正解です。
24日ではありません!
完全にツアーボケしてました…。

勢い余って手帳に書き込んじゃった方、
すいませんでした〜っ!!


そして自分、4/15@千葉の日記で登場した
「細見くん」の字も間違えてました。

正解は「細身くん」でした〜。

直すの面倒なので、
読むたびに画面にツッコミを入れて下さい。


……。



あ、
本当は「細美くん」ね。
今回はワザとだって。

|

2006年4月18日 (火)

<ファイナルチケット情報>

なんだか5/20@F.A.Dのチケットが
売り切れてるという噂が流れてますが…。
(実際何回か売り切れてますが…)

まだちょっとあるぜっ。

現時点(4/17現在)で、
F.A.Dに約10枚
チケットぴあに約20枚
残ってます。


ちなみに来場者全員プレゼントは
まだ考え中。
もうすぐ思いつきそうだけど…。

多分当日まで言わないっ。
ショボくても文句を言わないように!!

|

04/15 千葉 LOOK

今日は大好きなライブハウス千葉LOOK。
水戸からHOTSQUALLと一緒に移動するが、
HOTSQUALLが家に寄らせてくれと。

時間もあるし、全然構わないぜと。

しかし道は思った以上に渋滞。
このままでは遅刻なのでHOTSQUALLを置いて先にLOOKへ。
入り時間ギリギリに到着。
「先に来なきゃヤバかったな〜」なんて言ってたら…

10分後にHOTSQUALL到着。
え??家とか寄って全然遠回りしてたのに??
ちくしょう…。絶対ワープとか使ったよな…。

そんなこんなで今日は
HOTSQUALLとcreamstockとウチの3マン。

そして、1番目からやってくれました。
HOTSQUALL。
今回のツアーで最も長く同行してくれたバンド。
それも今日で最後。
有り得ない勢いで攻めて来ました。
しかも地元パワーも出まくり。

カエリタクナッタヨ。
プレッシャーデオナカガイタイヨ。

そしてcreamstock。
え?昨日地元パワー使ったのに
何なの、その勢いは?
やっぱね、1番目のバンドがもの凄い勢いだと、
次のバンドはそれより下げる訳にいかないんですよ。

って事はトリのオレ達はさらに攻めなきゃいけない訳ですよ。

ア〜ア。
モウ、カエロウヨ。

という気持ちを押し殺してステージへ。

でもステージ上がっちゃえばもうなる様になるね。
アガりにアガった。
途中、2回気が狂った。
そんな自分もすげえ面白かった。

って言うかフロア(最前列)に「ぽちょむきん」いるしっ!!
って言うか「シンちゃん(creamstock Ba/Vo)」もいるしっ!!
って言うか「細見くん(ELLEGARDEN Vo)」もいるしっ!!
って言うか「リョウ(HOTSQUALL STAFF)」がダイヴしてヤスに直撃してるしっ!!

ホント、やめて。アガり過ぎるから。
アンコール二回もやって(やらせてもらって)終了。


なんだ?このファイナル感は?
まだ10本以上あるんですけど…。

やっぱりね、
オレらどっちかって言うと人間味丸出しなタイプじゃん。
で、一緒にツアーで回ってもらうバンドも
自然とそういうバンドを選んでるんだよね。
dustboxとかF.I.BとかSHACHIとかSMNと一緒の時もそうだったけど、
一緒に過ごすのがたったの2日とか3日でも、
人間と人間のぶつかり合いだから、
なんか凄いグルーヴが生まれるんだよね。


これが愛なのかな…。
↑ゴメン、それは言い過ぎ。普通に照れる。

でも、本当に毎日良いモン貰ってます。
なんて濃ゆいツアーなんだろう。
残りの西回り12本+ファイナルも
すげえ楽しみだ、コノ野郎っ!!

|

04/14 水戸 LIGHT HOUSE

苫小牧(北海道)から大洗(茨城)まで
フェリーでの移動。20時間。

残念な事に、今までで最大級の「揺れ」。

焼酎を飲んで酒に酔う事で
フェリー酔いを回避してみました。
そしたらイイ気分になって、
全然「揺れ」とか気にならなかったぜ。

完全に独り酒だったけどね(オレ以外全員即ガン寝)…。

そんなこんなで水戸。
creamstockとHOTSQUALLと再会。
なんだか異様に懐かしい。
HOTSQUALLなんて北海道の間別れてただけなのに…。
到着して機材を下ろしていると
いきなりアガっちゃってるLONG SHOT PARTYも到着。
めんどくさっ!!と言いつつアガる。

どのバンドも攻めててカッコ良かった。
オレらも楽しく出来た。
昨日仲良くなった古着屋のお兄さんも
(かつて一緒にライブをした事があったことで意気投合)
「明日は仕事だから行けないな〜」って言ってたのに
モロ最前列にいるしっ。そういうのマジでアガる。
この場を借りてありがとう。

そしてトリのcreamstock。
やっぱり、好きなバンドを
そのバンドのホーム(地元)で見るのはイイね。
すげえノビノビしててイイ感じだった。

明日はHOTSQUALLのホームだ。
くっそ楽しみ。


しかしLONG SHOT PARTYは
相変わらず元気だね…。
打ち上げがっ。

|

2006年4月13日 (木)

04/11 札幌 BESSIE HALL

久々の札幌。
今宵はNO HITTER企画
"HIGH RISK NO RETURN"です。
↑何度見てもヒドい企画名だ…。

マジ、超楽しみにしてた。
色んな意味で。

リハーサルを早々に終わらして
軽く作戦会議とかしてるうちにスタート。

この日1番目の
PAMPAS FIELD ASS KICKERS
が、この日初めて出会ったバンドなんだけど、
スゲエの。シブいの。カッケエの。
完全に要チェックです↓
http://7thleaf.com/pfak/
(4/22の京都にも出るぜ!!)

そしてNO HITTER。
ヤバかった。
最高にイカしてた。
むしろ神がかってた。
だから新曲が…(しつこい)

ELECTRIC SUMMERとのスプリットが5月に発売。
そんで全国ツアーするらしいから、
絶対にライブで目の当たりにするべき。
ちなみにオレらは6月の熊谷に参戦します。

そんなこんなで
鬼プレッシャーな状態でストンピン。

攻めました。
攻め過ぎて…

自分、最大のミスをしました…。
お客さんにバレて無いからナイショねっ!!

いや〜、楽しかったからいいか〜。
(↑無駄にポジティブ。メンバーにはクッソ謝罪)

そしてアンコール。

出て来ていきなり「ハッピバースデ〜」
と歌うオレたち。
ステージではなくフロアに呼び出されるヨシト。
またもクラッカー祭り。
そしてステージからフロアのヨシトの顔へケーキが。

もう、ぐっちゃぐちゃ。
コレ全部ドッキリ。

そして顔面クリームまみれのヨシトを含む
NO HITTER乱入での"Wreckin' Wreckin'"。

いや〜、クッッッッッッッッソ楽しかった。

そして…

ケーキのクリームでツルツルになった床を
みんなでお掃除。
もちろんライブハウスの皆さんにも謝罪。

「楽しさ」の代償だよね…。
すいませんでしたっっ!!


そして朝まで呑んで、
宿で軽く寝て、
またしばらく会えないから
みんなで最後にメシ喰って、
NO HITTERとサヨナラ。

同世代で同じ志を持ってて
腹の内を見せ合える数少ないバンドとの北海道ツアー。
本当に楽しかったし、本当に勉強になった。
これから何年か先もきっと…


って、ウチの車の後ろにまだNO HITTERいるし!!
結局、苫小牧港まで付いて来てしまったNO HITTER。
確か前にもこんな事あったな…。
もう、バカ! 好きだ!!

全てを捨ててフェリーに乗ろうとするNO HITTERを
力ずくで止め、(本当はそこまではしてない)
ボクらはフェリーで茨城へ…。

ありがとう、NO HIT…
照れるからいいやっ。


あ、また写真忘れたっ。

|

04/10 旭川 電気猫

とりあえず宿を11時にチェックアウト。
入り時間は17時。

空白の6時間。

とりあえずメシを喰おうと
ホットペッパーに載っていた「お好み焼き屋」へ。

行くと何故か女子高生で満席。

しばらく待つ。

更にしばらく待つ。

「3名様どうぞ〜」
いや、7名なんですけど…。

「え? 7人? 7人は無理だわ」
と言った瞬間に退店。
「無理だわ」とか言うな!

憤慨して近くの中華料理屋へ。
座敷でマンガを読み狂って完全に「友達の家」状態。
大分引っ張ったけど、店を出たのはまだ13時過ぎ。
特に行くアテも無ければ金も使いたく無い。

無駄にジャスコ(←口が気持ちいい)へ。

「特に何もしない」を3時間くらいして時間をつぶす。
なんて時間の使い方が下手なんだろう…。
そしてやっと謎のライブハウス(?)電気猫へ。

ココがマジでヤバいの。
ウチもNO HITTERも噂でしか聞いた事の無いライブハウス。
中に一歩入ってガンアガり。

ステージ無し。
50人で満員。
楽屋は屋根裏部屋。

最高っっ!!

これ以上のリアルはございません。
って感じ。

リハーサルを終え、
地元高校生バンドが1番目。
若さが眩しくて失明しそうになった。(なんだそりゃ)

NO HITTERは昨日に増して攻め狂ってた。
だから新曲がカッコいいんだって。

オレらも、基本的にこうゆうライブハウスが
大好き過ぎるから、ガンアガり。
凄くリアルなライブが出来ました。

そして旭川〜札幌へ移動。
札幌到着直前に高速のパーキングへ。
便所へ走るNO HITTERヨシト(Ba/Vo)以外の6人。

そしてNO HITTERの車の背後にまわる6人。

運転席で疲れて寝ているヨシト。

0時ジャストで車のドアを開けて
みんなでクラッカーを鳴らす。本気でアセるヨシト。
そう、4/11はヨシトの誕生日なんです。
車の屋根に登り、ウカれるヨシト。
(確実に屋根が凹んでるんですけど…)


「謎の男達に銃で撃たれたと思ったよ」(後日談)


今日の写真は、ライブハウスの様子を見せたかったんだけど
暗くて写んなかったから…。
屋根裏(楽屋)でのヨシト。
ちなみにココにも「お札」とか貼ってあったから
何か写ってるかもね…。

Denki

|

04/08 北見 夕焼けまつり

青森からフェリーに揺られ、
北海道は苫小牧から北見まで、
山を超えて、峠を越えて…

って全然雪とかスゴいんですけど!?

Yuki

関東では桜とか散ってる勢いなんですけど!?
って言うか「鹿」が普通にウロウロしてるんですけど!?
この島は外国ですか!?
(本当はオレは寝てたから鹿は見ていない)

と、オーバーリアクションをキメた所で
大好きな北見に到着。

今回のツアーで最北端!!
更に最東端!!(とうたん?)
雪はまだまだ残ってます。
って言うか2日前に大雪だったらしい。マジ危ねっ。

NO HITTERとも合流し、
ライブスタート。
地元バンドも気合い入ってますが、
DJがヤバい。
90'sのPUNKとかSKAの名曲の合間に
5曲に1回くらい聞き覚えのある曲が…

「さ〜む〜い〜〜よるだ〜か〜ら〜…」
って、TRFだしっ!!

しかもガンガン盛り上がってるしっ!!(振り付きで)。
小室はまだ死んでなかったか…。(?)

そして久々のNO HITTER。
新曲がヤバ過ぎる。
ちょっと見ない間に更に強くなってた。

そしてボクら。
なぜか異様にアットホーム。
北見とかすんげえ遠い土地のハズなのに。
ココはいつも「おかえりっ」って感じでオレ達を迎えてくれる。

お陰で安心して楽しめた。

そしてアンコールで
NO HITTER乱入での"Wreckin' Wreckin'"。
くっっっっっそ楽しかった。

そして朝まで悪フザケしたり
かつてのQUACKとの日々を語り合ったり
悪フザケしたりした。
(QUACK=北見のマブダチバンド。残念ながら解散…)


しかし…

マジ北海道ナメてた!!
寒ぃっ!!

|

2006年4月 7日 (金)

04/05 弘前 Mag-Net

今日は弘前です。

↑ヒロマエって読んだ人は罰金50ポッポね。

どうでも良いのですが、
アガり過ぎて全く関係ない「ぬかるみ」に
意味も無くつっこんで
車が動かなくなるのとか止めて下さい。

060404_1706020001

OPってどこに潜んでるか分からないね。
っていうか車、押したら動いたからいいけど、
マジで紙一重だからっ。

そんな勢いでHOTSQUALLとのグルーヴが出狂ってます。
それも今日で一段落。
この後の北海道が終わればすぐにまた水戸で一緒なのに…

この「ファイナル感」は何?
この「切なさ」は何?

今日で最後だから、(だから全然最後じゃないって)
HOTSQUALLは今日のライブでボクらをツブすと宣言。

かかって来やがれと。

そしたら本当にスゲエライブをキメて来ました。
もの凄くカッコ良かった。シビれた。

だから仕返しをしました。
途中、個人的にショボいミスをしましたが
「やってやった感」はあった。クソ楽しかった。

地元バンドも勢いあってワクワクしたな〜。
特にFATMAN SEMINARってバンドのドラム。
余裕でミスってるのに(失礼!!) 超勢いあんの。
熱過ぎて目が離せませんでした。
良い夜だった。

そしてそのままライブハウスで打ち上げ。

ちなみにココMag-Netのお化けが出るという噂は結構有名。

裏の廊下に「お札」が貼ってあると聞いたので
恐る恐るホリを連れて見に行きました。
確かに怪しい雰囲気。ん?何か声がした様な?女の人…?

それをHOTSQUALLのDメン(dr)とリョウ(STAFF)に伝え、
再びオレも一緒にお札のある所へ。

相変わらず怪しい雰囲気をかもし出してます…。
そしてお札に書いた梵字らしき文字をリョウが読んだ瞬間…

「か〜もめかもめ…」という女の人の声が!!!!!

「あqwせdrftgyふじこlp;@:!!!」
という言葉にならない絶叫と共に逃げるDメンとリョウとオレ。

話を聞いてアセりまくるアカマ(HOTSQUALL Vo/Ba)。
もはやDメンは「身体が重い」と訴えてます。
霊感ゼロのオレはもう一度確認したかったので
今度はアカマを誘うが断固として拒否。
何も知らないチフネ(HOTSQUALL G/Vo)を連れて
リョウとオレの3人で再チャレンジ。

すると今度は女の人の甲高くうなる声が!!!
「くぁwせdrftgyふじこlp;!!!!」(しつこい)
と逃げ出す3人。

そして「ヤベえ!ヤベえ!ココ絶対ヤベえ!」
と戻って来て話していると、
今度はアカマの背後から「か〜もめかもめ…」という声が!!

俺の携帯からっ!!!

はい、オレとホリによるドッキリでした〜!!
着信音を「かもめかもめ」
メール受信音を「女性がうめく声」
に設定したオレの携帯をお札の近くにこっそりセット。
後はホリによる遠隔操作。
ちなみに最初にオレとホリで
「女の人の声がした」ってのは真っ赤なウソです。

いや〜、クッソ面白かった。
オレは「怖くて笑っちゃってる」を演じてましたが、
普通に面白過ぎて笑っちゃってました。
グッタリとうなだれるHOTSQUALL。

ちなみにこのドッキリネタは某バンドに
某滋賀のライブハウスでやられたドッキリのパクリです。

そんなこんなのHOTSQUALLとの楽しい日々は
翌日のミニカレー+普通のカレー+親子丼
というフードファイトで締めくくられました。
マジで辛いから…。

ありがとうHOTSQUALL!!



ってまだ水戸と千葉が一緒だからっ。

|

2006年4月 4日 (火)

04/03 仙台 RED HOUSE

仙台入りますっ。

仙台でいつもお世話になってる先輩が
新しいライブハウスを立ち上げたって事で。
RED HOUSEにお邪魔しました。

その先輩がね、パンチのある先輩でね。

私、MCでも申し上げましたが、
ライブハウスを新しく作るってのを噂で知って、
「マジッスか!?」って電話したら、
「大切な事だから電話で言いたく無いっ」
って詳しい事全然教えてくれなくて、

「んん?」って思ってたら、
数日後にスタッフほぼ全員連れて、
仙台から横浜にいきなり登場。
「こんなライブハウスやりますっ」って資料持って来てさ…。
ドッキリかと思いましたよ、先輩!

そんな熱いお兄さん達が作り上げたライブハウス。

そんな「人間の温度の高い」ライブハウスでは
自然とライブの温度も上がるってモンですよ。

ココ初めてだっけ?って位、安心してアガれました。

そして打ち上げは、
明日はオフだし久々に「祭り」か?

って思ったけど、
さすがにみんな疲れが隠せない状態。
3日間アガり狂ってたからね。

名残惜しいけど、
早めに切り上げて爽やかに寝ました。


写真は昼飯を喰いに行った中華屋さんでの
やり過ぎ感あふれる「大盛りご飯」。
アセるYO-HEY。(HOTSQUALL Dr)

「まんが日本昔話」ですか? と。

060403_171701

|

04/02 宇都宮 HEAVEN'S ROCK

みんな(STOMPIN' + HOTSQUALL)で
眠くてショボショボな目をしながら宇都宮へ。

お前は寝たじゃん!って思ったでしょ?

なんだか部屋に一人で戻っても
興奮が全っ然冷めなくてさ…。

結局朝までモンモンとしてたッス。
意味ね〜な…。

はい、今日は宇都宮。
しつこい様ですが、餃子は逃しました。
って言うか餃子喰ってライブやると
口からニンニク臭→マイクで跳ね返り→自分にストライク
コレが結構キツいんだよね…。

今日はOVER ARM THROWと
THE LOCAL ARTが参加。

楽屋が楽し過ぎる。

そして、やっぱり期待を裏切らないライブをしてくれた。

俺らもなんだか異様に楽しく出来た。

実は昨日も今日も持ち時間が1時間。
1時間のライブは何度かやってるけど、
2日連チャンって初めてなんだよね。

昨日の疲れを残したまま、60分のライブ。
正直始まるまでは、途中で力が尽きて、
テンションが下がってしまうのでは?っていう恐れがあった。
でも、始まっちまえばなんとかなった。

そして最終的にもの凄いパーティ状態で幕を閉じた。
ありゃ、バカだ。最高のバカだ。
でも「禁じ手」なのでもうしばらくはやらないかな…。
はい、来た人にしかわかりません。

面白かったな〜。

で、
宇都宮でみんなで花見しようと思ったら
全然咲いてねえでやんの。
どっちにしろ雨だったけど、
東京と栃木ってやっぱ近い様で遠いのね…。

という訳で、
オフの隙に「としまえん」で撮った
夜桜写真をお楽しみ下さい。

ただ写真撮り忘れただけじゃん!

060329_182401

|

04/01 熊谷 HEAVEN'S ROCK

本日は熊谷。
これまで数々の伝説を生んで来た熊谷。

ちなみにバカと天才が紙一重なのと同じく、
伝説と悲惨も紙一重です。
実際ガンアガりな思い出と同じ数だけ
辛かった思い出(主に酒)もあります。

そんな土地、熊谷。

そして「THE 熊谷」なメンツ。

HAWAIIAN6なんて実際、結構久々に会うってのに
「ウィーッス」程度だからね。
最近どうだった?って話も主にスロットの話だし…。

TIGHT REC.チーム(DOLCE+HOTSQUALL+ANDREW)とも
ハイタッチしながら「学会!」って言うだけ。
※学会=かつては「けん玉」を勝手に「学会」と呼んでいたが、
今は特に意味はない。口が気持ちいいだけ。

たまり場にいつものメンツが集まった感じ。
最高。

でも、ライブはマジなんだよね。
「笑顔でケンカ」みたいな。
どのバンドもやっぱり最高だった。
オレらも問題なくストンピンバードできた。

そして若干風邪気味のオレは
メシ喰ってすぐに1人で宿へ。

打ち上げは…

朝までガンアガりだったらしい。
おいおい!明日もライブですけど?
っていうか、そうゆうのジェラるからやめて!

写真は楽屋で冷やされているオレの「学会」。
アンコールの時にいきなりステージでやってみたら
手がプルプルして全然出来なかった…。

060401_203001

|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »